ブログパーツ

無料ブログはココログ

カウント

観劇「ダンス・オブ・ヴァンパイア」

2009年8月27日 (木)

「ダンス・オブ・ヴァンパイア」千秋楽

 今日は長い1日でした。私の夏が終わった感じ。でも、とてもステキな1日でした。祐さん、ありがと。

 今日の伯爵様は一つ一つの歌をとても丁寧に歌っているのが伝わってくる歌声。「神は死んだ」はささやき歌いながら、ウットリ聞けた。
 一幕ラストのロングトーンはとても力強くて感激してしまい、オペラグラスでがっつり伯爵様を捉えたまま、離すことができなかった…。

 そして今日の伯爵様は表情はとても冷静だった。ちょっとシブイ伯爵様だったな。とにかく丁寧に一つ一つをこなして、2幕の盛り上がりまでを計算して構成している…そんな感じの伯爵様だった…ような気がする。

 カテコの祐さん(別人の捉え^^;;)はマントの前をピチっとしめててかわいかった。ときどき、人の話を聞いているのかいないのか、足元の雪をいじったりしてたのも、いつもの祐さん。すごくキレイなお顔だなあ。と思って見ていたら、よく考えればいつのまにか牙をはずしていたのに気づいた(笑)。あの牙つけているとヘンテコリンなお顔になるので、とってくれて、ちゃんとしゃべってくれてうれしかったよ。

 駒田さんが、祐さんのよい所(このカンパニーの雰囲気を作ってくれた。暗い袖でみんなに声をかけてくれていた。)を話しつつ紹介しようとしているのに、恥ずかしがってか、自分でどんどん勝手に前に出てきて話そうとしたり、袖にいきなりひっこんじゃったり、出てきたときは泉見くん連れてきちゃったりしてたけど、それもまったく祐さんらしい(笑)。

 話した内容はいつものような内容で幸せだったなんちゃらかんちゃら…とクコールがフランスへ行く話をしていたので、クロロック城の住人もフランスへ行くとかなんとか…うにゃ。何だったかハッキリ思い出せない自分…。なぜだ。何故なんだー。

 山田さんや西野さんだけでなく、最後はオーケストラの皆さんまで舞台上に上げて、みんなをたたえるのも、たぶん。祐さんのやさしさなんだと思う。

 なんか、祐さんらしさたっぷりのやさしい雰囲気のカテコだった。

 昨日も今日も祐さんのことしか書いてないや。その他の小ネタ満載で楽しい前楽、楽だったけれど、それは書きたくなったらかこっと。

 今は祐さんのことでいっぱい。。。どんだけ愛が深いんだ。自分。。。

 今期、「ダンス・オブ・ヴァンパイア」は15回観たようです…。でもまだ観ていたい(涙)

2009年8月26日 (水)

ソワレ「ダンス・オブ・ヴァンパイア」

祐さんの声がいつものように伸びなくて歌い方を変えていました。22日に観た時は作詞こそあれ、声的には気にならなかったのに…。今日はお疲れなんだろうな?と感じる歌声でした。

 だけど、表情はホントにステキでした。オペラグラスで覗いていたら、泣きそうになりました。

 「抑えがたい欲望」は枯れ具合がなんとも言えず、よけいに泣けました。朗々とではないのに心を揺さぶる歌声。この声を聞けるのも一期一会なんだなあという思いと、祐さんの喉に全てがかかっているのだという事、自分でペース配分しながら演じるプロとしての意識とか、なんかそういう事を感じたりして、ホントに泣けました。山口祐一郎大好きだー!と心の底から叫びたくなりました。カテコでずっとお辞儀したままの祐さんにもジーンときました。

 ホントにホントに偉大な人。

2009年8月23日 (日)

ソワレ「ダンス・オブ・ヴァンパイア」

 →で。期待していたソワレ。2階席からの観劇。

 1幕お城の伯爵様の表情がスッゴク恐い感じがしました。表情がゾクゾクするのだ。浦井くんアルフレートはすぐに伯爵さまにもウンウンうなずいちゃうから、洗脳が早く感じるし(笑)でもうなずかざるを得ないくらいの威圧感のある表情でこれまた「ステキー」と叫びたくなります(^^;;

 でもね。2幕の最大の見せ場の「抑えがたい欲望」で、またまた思いっきり伯爵さまが違う歌を歌い始めて、私、ビビビビックリして、なんだかいろいろな思いがすっ飛んでしまいましたぞ!!!

 うーんと…、とにかく大好きだった彼女を何回も求め続けていたような気がします…(笑)好きだったんだね…ほんとに彼女が…(^^;;

 それまでの歌は、すっごく感情がこもっていて、私も「こりゃスゴイの聴けそう…」と思っていた矢先だったので、一瞬の言葉のつまりから、出てくるわくるわのデタラメ歌詞にビックリしたのだ。どこまで続いちゃうか焦っちゃった。もとの歌に無事たどり着いたときにはホッとしてしまったよー…。お墓に座り込む伯爵様も疲れきって座ったような気がしたもん(笑)

 「神は死んだ」の大作詞に遭遇したときもビビったけれど、今日もまたまた面白いもの聞かせてもらいました…。

 あ。舞踏会ではジャンプはなく、ズリズリ場所移動してました(^^;;

マチネ「ダンス・オブ・ヴァンパイア」

 ひゃあー♪二週間ぶりにイリデマチマチソワってきました!!

 今日はもともとソワレのチケットしか持っていなかったのですが、当日券でマチネ入城(笑)。中列の補助席で初めてVを観ました。2階のS席なんかよりもお得感ありありなんですけどーーー!なかなかよい眺めでした。

 下手よりだったので、最初のアルフレートやら、シャガールさんの逃げるときやら、ヴァンパイアさんたちの衣装が通る度に後頭部にぶち当たるよい席(???)でした。極めつけはサラの赤ドレス。あれは痛いです(^^;

 もうね。2週間ぶりだとね…しゃなりしゃなりと客席を練り歩く伯爵様の背中を眺めているだけでドキドキしちゃうわけですよ(*^^*)
 伯爵様が歌い始めたもんなら、心臓バクバクしちゃって苦しくなるんですよ。いやあ。こんなにも好きだったのかぁ…と思うくらい(笑)

 表情ひとつとっても大好きで大好きで。。。お風呂でサラを誘惑するときなんて何故かとってもうれしそうなお顔だったので、もうぅおう、私もニマニマだったよ。

 新上裕也さんのダンスも楽しみにしていました。なんだかマントさばきがまだ今ひとつ決まっていないように見えて、お髭の顔で笑う陰伯爵様が不気味だったけれど(笑)、色っぽくて、スゴく俺様チックな感じで魅せられちゃいます。っていうかやっぱダンスうまいーーーーーーーーー。開次さんはダンサーと呼ぶよりも表現者って感じだったなあと今更ながらに思います。
ほんと、どちらもスゴイ人なんだろうなあ…。

 ででで。表の伯爵様の話に戻りますが(笑)、一幕ラストのロングトーンも迫力たっぷりで「どうだっ!」といいたげな歌い方をなさり、2幕最初の愛のデュエットもすっごくステキに歌い上げ、舞踏会でもジャンプ(^^;;が出るほどノリノリだったので、マチネでこれなら、ソワレはもっと期待しちゃうぞーーーと思っていたのです!!…つづく→

2009年8月 8日 (土)

ソワレ「ダンス・オブ・ヴァンパイア」

ソワレは前方下手端席。

この席でめっちゃよかったのは、「愛のデュエット」の時。

知念ちゃんサラをマントの中に迎え入れるために手を広げて待つ姿が正面に見えるので、自分に向かって手を広げてくれたような錯覚に浸れます(笑)幸せじゃ。

螺旋階段をものすごく張り切ってクルッとしてくる伯爵も可愛くてたまりません。ホントに待ちわびてるんだなあ…と思える目線で、素敵過ぎるぞ(*^^*)

目線といえば…。お城の最上階でコウモリクレーンに乗っている時、教授の挑発に一瞬怒りの表情を見せる、あの顔好き?!!!ゾクッとします。

 舞踏会でサラの血を吸う前の牙取り出しも、吸った後に牙取るのも丸見えなのも、オイシイ(オイシイ??)

 血を吸った後の伯爵様、物凄く深く呼吸していて胸が上下していて、真剣な顔。タギル血を落ち着かせているようにも見えてあの場面も大好き。

 この席で残念だったこと。一幕フィナーレ。お城の門が開いてもしばらくは教授が邪魔になって伯爵の姿が見えません。心の中で教授邪魔!!と叫んでいたのは言うまでもありません…。伯爵様のお声をじっと聞きながら、早く前に出てきて?と思っておりました。

 しっかし、いつみても、一幕フィナーレの教授とのやりとりを改善してほしいと思ってしまう。。。もう、禅さん。後ろ振り向くのやめましょうよ?。ヘタにゲフゲフ言って自己紹介するのもやめましょうよ?。もっとガツーンとシリアスにあそこは伯爵とぶつかってほしいなぁ。。。私だけかなあ。

 そうそう、端だけあって、舞台へ戻るヴァンパイアさんたちの足音が壁から聞こえる聞こえる(笑)

マチネ「ダンス・オブ・ヴァンパイア」

マチソワってきましたー!
朝から祐さん。

 今日はマチソワ共、下手からの観劇。上手が結構多かったから何かと新鮮。

 マチネでも「愛のデュエット」がよかったー。いつもより力強いハモリに聞こえました!!!

 「抑えがたい欲望」で伯爵さまの手の構えと森山開次さんの踊りのポーズと重なるところがあってダブって見えました。。。(森山さんが上手にいる時)最後に塔の上にいる自分の分身(?)を見上げている伯爵様もいい。自分の心の奥底と向き合ってる感じ。その後、思いを振り切るようにさっそうとマントを翻していくのもいいんだよね…。ああ、ホント、あの空気間を味わうことができるのは、とても幸せなことだ…。

2009年8月 2日 (日)

ソワレ「ダンス・オブ・ヴァンパイア」

お泊りしたので、朝から祐さん。幸せ満喫。

その後、ソワレの舞踏会まで時間があるので、当日券で四季物を観に行こうかと思っていましたが、お友達も同じソワレ予定であることが判明したので、祐さんへの愛を語る会に変更。

ちょうど国際フォーラムで地域の物産展みたいなのもやっていたので、語り合いつつ、ブラブラしつつ過ごしたらあっという間でした。

で、ソワレ感想。

 今日の「抑えがたい欲望」は今期観た中ではイチバンよかったぁ!!!初演の前楽の衝撃に匹敵するくらい!!

 伯爵とても力強く、時に感極まりながら、素晴らしく歌い上げられました。文章で上手く伝えられないのがもどかしいけれど、最後の伸ばしの音の切り替えがちょっと途切れちゃったのも構わなくなるくらい、伯爵の背負っている苦悩が伝わってきて泣きそうになった…。伯爵も心で泣いてると思った。思わず祐さんの顔をオペラグラスでガン見したけれど、左目がキラッとしたようには思ったけれど、涙は流れてなかった…。でも、ホントに心が泣いている歌だったんだよ?!!!だからこそ「欲望こそが我らの支配者」という、主張のなんという力強さ!!!

祐さんの力量にまたまた惚れ込みました。

 いつもはこの後案外サラっと伯爵に感情があることを否定してしまう禅教授ですが、今日はさすがに深く受け止めつつも、否定していきました…。これよ!禅さん、これを待ってたの。

 それでなくとも、今日のアルフレートと教授は笑いが滑り気味だったので、祐さんの歌で一気に引き締めてくれたー。

 もう、そこから舞踏会はすごかったよ。伯爵の渾身の歌声がホントにすごい。体中から振り絞る声の力!!
 手が奮えて足も力入ってジャンプしちゃうくらいの力の入りよう。スゲー興奮だよ。ぐわーと叫びたくなるよ。

 ホントに今日は素晴らしい歌声を堪能しました。何度も見ているのに、こういう場に遭遇する感動はなかなか味わえないし、また、この感動を味わいたいから、何度も見たいと思う。。。いつもいつも感動しているけれど、感動の度合いが違う日が必ずあるのだ!!祐さんの歌にはっ!!!

 もう、他の感想書くこともなく、この気持ちだけは伝えたかった。

 ホントにホントに感動したので、今日は有楽町から電車に乗らず、東京駅まで歩いて体の火照りを冷まそうと思ったくらいだ。

でも、眠れそうにないやい。明日仕事だけど…。

2009年8月 1日 (土)

マチネ「ダンス・オブ・ヴァンパイア」VISA貸切

 今、宿です。

 今日も朝から祐さん。幸せをもらって、いざ観劇へ。

 浦井くんの表情一つ一つがホントにかわいいなぁと追いつつ観てました。宿屋で教授といちいちOKサイン出し合う二人がめちゃくちゃラブリーでした。

 しかーし、今日イチバンびっくりしたのは、伯爵さまが登場シーンで大作詞をしたこと!!!途中怪しくなったかと思うと、全く違うこと言い出したよ!!!

あまりにも衝撃的で長かったから覚えられなかったけど、サラにやたらと愛を捧げていました(笑)
あ?伯爵ホントにサラに一目惚れしたのねって感じの歌を歌い上げられました(笑)何回愛を言ったのだろう…。
一目惚れ具合がトート閣下みたいだった(^^;;

 面白いもの聴いちゃったけれど、とにかく衝撃的過ぎてドキドキしちゃいました。

 最近の伯爵さまはマントバサバサしてくださるので嬉しいよー。めちゃくちゃカッコイイ。

 そして舞踏会の場面、私の席位置だったからかはわかりませんが、いつもよりベースのピッキング音がよく 聞こえ、ノリノリな伯爵さまの歌声と相まって、最高に気持ちよかったぁ(v^-゚)
でも、ブラスはヘッポコ気味だったなあ。役者さんだけじゃなくて、オケもお疲れなんだろうね。

 カテコの盆踊り(笑)は祐さん、また一回多くやりそうになってごまかしてました。かわいいのう。

色紙100枚、全部祐さんのサイン。全くかすりもしない自分でしたが、100枚ひたすらサインする祐さんを想像して頭が下がる思いです。

最後には口を真一文字に結んでサインをし続けていた秦野のイベント思いだしたぞ…。

2009年7月26日 (日)

ソワレ「ダンス・オブ・ヴァンパイア」

 ソワレはホームグランドの帝国劇城へ戻り、舞踏会へ(笑)

 今日は7月最後の観劇。初日から数えて7回目の観劇。最前列の上手席。
 見えないものを観る席で、観るものが見えない席でもありました(^^;;)
 
 悪夢とか、墓場とか、見る範囲が狭くなっちゃうので、目がいくつもほしかったよ。大好きな舞踏会での伯爵とサラのダンスが見れないし(なので、目の前にいるヘルベルトとヴァンパイアの攻防を見てました(男のヴァンパイアにはめっちゃ色目使ってうれしそうなのに、女には「あっち行きなさいよ」的な扱いしまくり・笑)

  しっかし、オペラグラスなしで、伯爵の表情追えるのは至福の時でしたぞ!!
 「神は死んだ」で下手からこちらに歩いてくるとき、ホントにドキドキしながら観て聴いておりました。まさにこっちにくる感じ(*^^*)
 「抑えがたい欲望」なんて、娘を思い出してウルルとしたお目目をみて、私もウルッときたわ。かわいい目してたんだ。思い出しているときの伯爵さま…。

  オッ。そうだ。今日の伯爵さまはコウモリクレーンから降りたときのマントをバサっとするのが激しくてカッコよかった。真正面から観たかったなあ。
 「抑えがたい欲望」の後もバサっと音がするくらいマント翻して帰っていったよ。

 そしてそして…うーんと。舞踏会の伯爵さまって、ヴァンパイアたちが行進していてアルフレートと教授が後ろからポカスカやっている頃からすでに階段の上にいらっしゃるのね。

 うんとー。うんとー。後、シャガールとマグダが棺おけから出てきて歌っているときも、出番待ちのクコールは袖でグルグル歩いてたこととか(笑)、大道具必死で動かしている人々とか、クコールを襲う狼は上半身裸だとか(??;;)、アルフレートのポタポタしたたる汗とか…どうでもいいものをいっぱい見てしまったような。。。。

 あっあと、宿屋の寝室で、教授がペンを落としてしまって、アルフレートに言って、寝室セットの下に落ちたペンを拾ってもらってました。

 カテコで、目の前でシャオチャンさんが笑顔でいるもんだから、向こうの伯爵さまとどちらを見るか迷ってしまいました。

…はあ。今日の感想って。。。。。とにかくデンジャラスな席でした(笑)

 まあ、物語を楽しむにはもうちょっと後ろのセンターがよろしいかと…。

2009年7月18日 (土)

ソワレ「ダンス・オブ・ヴァンパイア」

 100回目の公演だと知って後から買い足した回。

 ソワレはX列。つまり一階の最後列で見ました。もっているチケットの唯一のA席(今後増えるかは未定^^;;)
 後ろを気にせず見れるのもなかなかよいものです。

 最初の伯爵さま登場の歌からマチネと違って囁きボイスが綺麗にキマリ、私はニマニマ!!!これよ。これこれ。祐さん。待ってました!!って感じでもう私の体温上がりまくり(笑)

 サラを誘惑する伯爵さまの表情に萌え萌え。一幕フィナーレのロングトーンでカァッと体が熱くなり、さらにニマニマが止らなくなったのは言うまでもありません。
 舞踏会でも力入りまくりの歌声を披露してくれて、よい声が出る祐さん独特のポージング炸裂で、もうもう、うれしくてうれしくて(*^0^*)

 私の顔絶対スゴイことになってたよ。ほんと。

 泉見くんと教授はあんまりコネタはやらなかった。でも、泉見くんはやたら熱く「サラへ」を歌い上げて、タメが多かった!!

 ヘルベルトさまと教授のやりとりは何だったっけかな?あれ?マチネと違ったけれど忘れちゃった(笑)あっ!ヘルベルトおふろ登場シーンでは片足あげてたよ。マチネは首だけ出してました。

 禅さん教授がこなれてきて、面白くなってきたけれど、やはり、一幕フィナーレの伯爵とのやりとりが物足りないなあ。禅さん教授は、それまで、すっごくヴァンパイアに対して強気の教授なのに、お城にきたときは、なんか伯爵さまを恐れてるんだよねぇ。お城到着時も、私的には恐れ知らずの教授になってガチンコで化かし合いをしてほしいなぁ〜。でも、お城の最上階では、しっかり戦っていて今日はよかったよ。「抑えがたい欲望」の後の教授の反応も今日はしっくりきました。これからもドンドン変るんだろうなあ。楽しみ。

 カテコは100回だけれど、4人で登場が3回あったことくらい。でも、カテコの祐さん見てるだけで幸せダーーーーーーーーーーーーーぁ!!!
 クコール劇場で手作りの100回垂れ幕出ました。

より以前の記事一覧