ブログパーツ

無料ブログはココログ

カウント

観劇「パイレート・クィーン」

2010年1月11日 (月)

「パイレート・クィーン」大楽つづき

 カテコでは禅さんが司会で挨拶がありました。東京楽では挨拶がなかったので、マジうれしかったですぅ。

 祐さんは、いつもの「果報者です…」というくだりの挨拶でしたが(^^;;、他のキャストの挨拶を聞く祐さんの顔がステキだったから(*^^*)…多くは望みません。

 ダーナルさんの挨拶にこちらももらい泣きしてしまいました。ケガをして悔しかった気持ちがめちゃくちゃ伝わってきました。

 その後に続いたキーヨの挨拶。「アイリッシュダンサー今井」を目指すとかなんとかいつものグダグダな感じで話していて笑いをとっていました。
 
 涼風さんも、女王が今までで一番手強かったと涙していました。あんなに気持ちよく歌ってくれていたけれど、やっぱり大変だったんだなあ…とジーンときました。

 知寿さんも涙ぐんでいて、話は最初はグダグダ話し始めたけれど、最後はしっかりお礼いっていて挨拶はオトコマエだったな(笑)

 何度か、祐さんが自らお客を煽っていましたが(^0^)、

 最後の最後は、祐さんがお客さんの拍手を仕切り、ビシッと拍手を止め、「ありがとうございましたぁ」で締めてくれました。

 そう、あなたが仕切れば万事上手くいくのです…(^0^)どんだけ求心力あるんだよ…。あなたは…。

 タガー締めみたいだな…(笑)

 エクステつけた祐さんもこれで見納めなのかなぁ。

 寂しいなぁ…。でも思い出をいっぱいありがとう。。。。

 次に会えるのは…これまた違う味のダメ男くんの「マキシム」だぁ!!
 あの超ステキなタキシード姿をまた観られることを楽しみにしていよう…。

「パイレート・クィーン」大楽

とうとう終わってしまいました。祐さんが演じるティアナンが大好きになったこと、他の役者さんたち全ての歌声が皆気持ちよいこと、見終わった後の爽快感がPQの最大の魅力で、大阪まで見納めに来ました。

今日は昨日の歌い方と違って知寿さんはとても力が入っていました。最初のソロなんか、凄い気合いを感じました。この人もロングランに堪えうるスペシャリストだけれど、今日はさすがにラストなんだなあ?という渾身の歌にうれしくなりました。

祐さんも、もちろんよい声。今日はどの歌がよかったとは絞れず、全体に伸び伸びステキ〜に丁寧に歌っていました。ホントに祐さんの高音も素晴らしく聴かせるようになったなあと思い、酔いしれました。東京初日に、祐さん高音大変そうと思ったことが、嘘みたいに伸びまくる声で素晴らし過ぎます!!

 今日は表情も堪能できる席だったので、がっつりティアナンを丸ごと愛でてきました(*^^*)

 あんなに愛らしくて、失恋して悩む祐さんも珍しくて可愛かったし(笑)、根本の懐はめちゃくちゃ大きそうなティアナンそのものは、祐さんにしか出せない味だったし、ホントに魅力的でした。

 何よりもこの役を祐さん自身が挑戦して日々努力して深めているのが観劇するたびに身をもって感じられるのがうれしかったです。

 今日は一幕ラストは感動的だったし(誰か泣いていませんでした?鼻すする音がマイクに入っていたような気が…)、2幕ラストもビリーさんが、たぶんいつもより凄くゆっくりタクト振ったと思われるくらい余韻たっぷりで、世界に浸れました。

 ホントにステキな楽の舞台だったなぁ…。

2010年1月10日 (日)

「パイレート・クィーン」前楽

 大阪でーす!

 やー。来てよかった。キャストの皆様の歌の表現がものすごく豊かになっていて歌にとことん酔いしれました。

…私、やっぱり知寿さん好きだ…。彼女は独特の声なんだけれど、ずーっと聴いていたいと思う声。

 今日は特に余分な力が抜けていて、体にスーッと染み入る声でした。

 で。とにかく祐さんの声とホントに合うので、デュエットは極上過ぎるんだも〜ん。

 東京楽以来の祐さんは、動きがとても良くなっていると思いました。祐さんなりに努力しているんだろうな〜とちょっとズボンの膝あたりが白くなってきた衣装を見てシミジミしました(笑)

 今日は私的には身替わりソングが特によかったぁ。

 今日はあえて2階席のチケットを取ったのですが、祐さんは3階席に目を配ること多し…(^^;;)アハ。
 でも帝劇の2階よりよっぽど見やすいです。

 結婚式の前の場面のライティングが帝劇では黄色と青のとてもキレイなモザイク柄だったけれど、大阪は単色紫だったのが、ちと残念。

 ダーナルさんがケガのため、演出はいろいろ変わっていたけれど、片足引きずるのは酔っ払いに見える感じで頑張っていました。結婚式とクルー湾への場面は大好きな演出でもあったところだから、動きが少なくなっちゃって残念だったけれど…。こればっかりはしょうがない。後一日!心の中で応援いたします。

 カテコでは祐さん、盛り上げ隊長になっているらしい(^^;

 一人テンションが高い!でもそういうところ頑張ってくれる祐さんが大好き!

 幸せをありがとう。

 明日もいっぱい心の中でありがとうしながら観るぞー。

2009年12月27日 (日)

「パイレート・クィーン」千秋楽続き

 続き。

 カテコも盛り上がり、後ろでダーナルさんや族長さんと楽しげにクルクル回る祐さんを観て、幸せ度倍増。。。。何度も何度もカテコで呼び出してしまったので、最後やることなくなって祐さん一所懸命、プリンシパルキャストを順番に前に押し出してました。
 いや、お客さんの本心は楽の挨拶が聞きたかったんだと思うけどね…。挨拶する気はなかったらしい…です(^^;;

 なんだかんだと今回の舞台では祐さん、座長さんみたいにいろいろと気をつかってるなあと思ってみていました。主演の知寿さんが、どう動いてよいかわからないから、祐さんがいろいろと気を回しているのかなあと勝手に憶測しつつ見守る私。でもそういうところも好きだったりするのだ(*^^*)。あは。

 
 コレで、今年の観劇はおしまいです。今年一年も祐さんには大変お世話になりました(笑)

 大きな幸せをいっぱいありがとーーーーーーーーー!と伝えたいです。

 来年もいっぱいお世話になりますケド(笑)

 しっかし、ティアナンとお別れするのはつらすぎるなーーー。大阪マジ悩むなあ…。

2009年12月25日 (金)

「パイレート・クィーン」千秋楽

後から日記。

行ってきましたー。

ティアナーン。好きだーっ!とにかく好きだーっ!!と叫びたい気分です。

 楽は2階センターブロックからの観劇。最後の見納めが2階からなのは、なかなかうれしいですo(^-^)o
 なぜって後ろで、あれやこれややっているティアナンがしっかり見納められるから!(笑)

 最初の登場で、ピョンピョンはねながらいろんな仲間に楽しそうに挨拶しているところを見ていたら、なんと祐さん、オケの人たちにも挨拶してたよ(笑)それでもって、イヴリーンに挨拶するときは手を合せて挨拶するんだけど、勢いよすぎて「パチーン!」ととってもいい音がして笑えました。楽しすぎるって。ティアナン。カワエすぎるョ?もううぅぅ。

 そして、9回目の最後にして、ティアナンが石に座リ込む前に出てくるところを確認いたしました(^^;;一度マストの後ろに隠れてから岩に行くんですね(ってどこ見とるんだい!!って突っ込まないでね)

 でもでも、いつもはキーヨが熱唱中にティアナンが下手から出てきて後ろの方で仲間たちと何やら楽しそうなことをしているのが気になって、キーヨを見ていられない愚かな私ですが(^^;;、今日はキーヨの歌にしっかり酔わせていただきました!!キーヨの歌よかった?。

 しか〜し、なんといっても今日のイチオシはやはり、「君のそばで」通称イジケソング(笑)ですわ!
 
 あのね…、「君を…この手で♪」の歌い方が、私の心臓をブチ破りましたっ!!何なの!過ごすぎるぞ。祐さん、あなたは!
 
 心臓バクバクしちゃって死ぬかと思いました。拍手ずっとしていたかったよぉ。他のお客さんも同じ思いだったのか、ほぼショーストップ気味の拍手が起こりました。ビリーさんだから止めてくれなかったけれど…(ーー#)。とにかく心臓バクバクし過ぎて、次のダーナルの場面を落ち着いて見るどころではありませんでした…。ビリーさん、ああいうときは、ホント、客席の雰囲気を読んで止めてください…。

 知寿さんも涼風さんも声はお疲れ気味に感じました、特に涼風さんは
「これが最後〜♪」だったけかな?そこの高音部分が上がりきらずに下がって終わっていました。でもでも舞台そのものの熱さは感じられてとってもよい舞台でした。

2009年12月20日 (日)

マチネ「パイレート・クィーン」つづき

 …感想はつづくよ。

 涼風さんが今日は(も!)とってもよかったです。すっごく嬉々としてあの役を演じているような気がして、見ていて聴いていて、小気味よいし気持ちよい!!

 私にとって、苦手な役者さんが1人もいないということ、歌で皆思い切り聴かせてくれる人たちなこと、音楽自体に癒しがあること、がこの演目をこんなにも愛せる理由だと思います。演出も好き。ライティングも好き。脚本だけだな…残念なのは…と思います(笑)もうちょっと年月の重みがあるといいなっと。

 劇場を後にするとき、「アーーーー楽しかった!」と笑顔でいられる最高の舞台です。

 そして…中でも、その笑顔の種をたくさん持っていて、それを惜しみなく振りまいてくれる祐さんが好きなのです。いつも「幸せをありがとーーーーーー!!」と思うんだよね。祐さんの舞台を観ると。。。感謝です。

 明日から、また仕事がんばろ…。

2009年12月19日 (土)

マチネ「パイレート・クィーン」

やー。怒涛の一週間を乗り越えて(というかまだ仕事は山が盛り盛り残っていてどーしよーという感じですが…)行ってきましたー!!

 昨日は飲み会を一次だけで大人しく帰ってきて、朝から祐さんっ。

 今日はなんだか知りませんが、いつもよりも目線滞空時間(笑)が長く感じられて幸せでしたぁ(*^д^*)

 で。本日はA列下手より席。めずらしく最初からオペラグラスをお家に置いてきての乗船。

 ティアナン視点で言うと、今日の場所はキーヨがかぶって最初の高音歌い出しのところがちょろっと見えなかったのと大好きな2幕冒頭の赤ちゃんが生まれた後のなんともいえない表情が見えなかったのが残念…。
 でも他は超超幸せ〜♪な席でした!

 ティアナンがすっごくやる気満々で地図見てやり取りしているところとか(笑)もうぅ、間近な感じで見られて幸せなんだってばよぉー!

 ティアナンという役は祐さんのつぶさに変わる表情が見られて、ほんっとに…好きですっ!

 でで。禅さんが近すぎなので…出てきた途端に笑えてしまうので困りました…ヤバすぎです。あの顔…

 そして今日びっくりしたこと…。イジケソングの後、舞台中央奥に掃ける祐さんの走りがライトが落ちて見えなくなっていたこと!!
あの走りが見えないのは寂しい?(笑)ぴょこんと飛び下りて奥に消えるのが、かわいかったのになぁ。

 そしてさらにびっくりしたこと…。笛吹いている人は男性だったのですね。8回目の観劇でようやく知った私(^^;;女性と信じて疑わんかった…。

 オペラグラスを使うと、常に祐さんをどうしてもクローズアップしてしまうので、知寿さんの表情をあんまり追っていない自分がいるんだけれど、今日は知寿さんの表情も間近で見られて、「川島芳子がいる!」と思っちまったい(笑)。そして、やっぱり…私、知寿さん好きだ!
 パイレート・クィーン号に乗ってイギリスに乗り込むところの「私の場所〜♪」「これが私の生き方〜♪」などと歌っている知寿さんを見ているとジーンときてしまう。そう!あなたは舞台の中央に立って歌っていて?!と役を超えて知寿さんに対して思ってしまう。私が四季を好きだったときの人だもん!

 でも、カテコでは、いつも知寿さんの記憶が全くない。。。(^^;;ごめんよ。知寿さん。祐さんが全ての愚かな私をお許しください…。つづく。

2009年12月12日 (土)

ソワレ「パイレート・クィーン」

 ソワレは上手側のファンクラブでとった席。ご近所さんもティアナンに偏ったオペラグラス使いの方がたくさん(笑)
 で、心置きなく、ティアナンを追えました(^^;;

 上手はティアナンがグレイスに歌いかけるときの表情がとてもよく見えてたまりませんっっ!!もうもうステキすぎでした〜♪

…そして、「どーんなにぃ〜♪」の歌(仲間内では通称イジケソング・笑)もソワレは伸びること伸びること!!!

 やっぱり祐さんはソワレに強い!というのを再確認いたしました。思わず自然と力強い拍手を贈っちゃう自分がいました!大満足の歌声でした。

 そればかりか、グレイスとダーナルが決別した後、マストからティアナンがグレイスの後ろで歌いかけるところも…すっごーいよかった!キュンキュン来てしまいましたョ!

 そしてそして、2幕最後の二人のデュエットも!

祐さんの歌がとにかくめちゃくちゃよくて、感動しまくりでした。

 自分の気持ちが勝手に熱くなっていくの!!!

 グレイスと男性アンサンブルさんがパイレート・クィーン号でエリザベスのところに乗りつけるところの歌もすご〜くよかった!

 そう。ソワレは全体がとにかく熱かったんだよ?。もう超感動!

なのでカテコも熱く、アナウンス始まっても拍手なりやまず…。

 そしたら、どうやら祐さんのお友達が来ていたらしく「祐一郎」コールが。

 祐さんもテンション上がっちゃって一人でピョンピョンしながら拍手パチパチして煽り始めたので、客席も一体となって拍手しちゃいましたー!!!!

 宮川さんたちが祐さん止めてたけど、止めなくてよかったのに!それくらい、客席も熱くなってたんだよ?♪

 本当にソワレよかったぁ!

 そして…。お友達に言われるまで気づかなかったこと。「愛していると言えたなら」のところ。月が出ているんですね(笑)

 グレイスとティアナンに夢中で気づかんかった。7回目でやっと知った自分(笑)

 あーーーーーーーーーーー。

 とにかく今日は興奮したーーーーーーーーーーー!!

 ティアナンが大大大好きな役の一つになってゆくーーーーーーーーーーー。祐さんらしさ全開のティアナンになってきたから愛せるんだろうなーーー。

マチネ「パイレート・クィーン」

 行ってきましたー!朝から幸せ気分。朝はとっても穏やかサンでした。

 マチネはチケット持っていなかったので、当日券を購入して潜入(笑)。中列ど真ん中で観ました。

 一週間ぶりなだけだけど、観る前のワクワク感がすごい私。相当ハマっています?♪

 あのね…アンサンブルさんがオール?でドンドン床叩いて鐘がなったらキーヨが歌い出すところが、すごく好きなの!カッコイイんだもん。壮快なり。

 で、ティアナンはどこを観ても愛らしいしぃ!!!

 ピョンピョンしていて、笑顔いっぱいで、夢と希望で満ちあふれている最初の方のティアナンがもう?大好き!!!怖いものなし(笑)

 初日は1人浮いてるっぽかったティアナンの若造ッぷりが、今や、とっても作品の暖かさとか爽やかさとかと溶け合ってきた感じでね。いい感じなのです。

 ティアナンの優しさがいっぱいあふれでちゃっていて観ているこちらも幸せすぎる?(*^^*)

 そうそう、先週までわからなかったティアナンの影マイクでの絶叫は、6回めの今日で自己解決。「女王がなんだー!」と言っておりました(笑)たぶんこれで正解かと…。

 センターで見ると、たとえ後方であってもセンターだけあって、船の先端で歌う姿はちゃんと船に見えてステキなのだ。

2009年12月 5日 (土)

ソワレ「パイレート・クィーン」

ソワレは1階下手サイド。結構、裸眼で役者さんの表情を追うことができる席でした。でも、後方でいろんなことやってるティアナンは人がかぶって観にくいです。だから、ちゃんとストーリー上重要な場面を見ることができるけど…(後方のティアナン見えちゃうとティアナン追っちゃう自分がいるから・笑)

 ソワレではなんといっても、祐さんの歌声に心から酔えて鳥肌たちました?。やっぱりいい声だぁ?(*^д^*)自分の中でティアナンの歌がしっくりきはじめこともあるかもしれないけど、祐さん自身も祐さんらしい調理法で歌い始めたような気がするっ!今後がますます楽しみじゃ。

 知寿さんとのデュエットもステキすぎてたまらない…!!祐さんが相手に対して手加減せず声を出しているのがわかるから、もうタマラナクいい。私がファンになって、女性と対等に歌いあう祐さんって案外初めてかも!と思う…。ホントにホントにこのハモリを聴けるのは幸せ〜。

 ティアナンはグレイスと一緒になってうるうる顔でラストを迎えるので、思わず「ティアナン、大好きな人と一緒になれてよかったねぇ」とヨシヨシしてあげたくなる(^^)ホントにホントにグレイスのこと好きなんだねぇ(*^^*)

 で。ソワレで、思わず、私、ダーナルに惚れてしまいそうになりました(笑)宮川さんいいよ!!

 カテコ話。

 今日はマチソワとも、最初のカテコ登場は鼻の下のヒゲを付けたままのご登場で、2度目からとってました。マチネではヒゲが取れかかったのか、気になったのか、ヒゲをチョンチョン手で触ってたな。

 知寿さんご登場のときはマチソワとも、祐さん1人で手の平をヒラヒラさせて(お遊戯のキラキラのポーズみたいなの。)迎えてて笑いそうになった…。
 それでもって、マチソワとも、ステップのようなもの…をちゃんと軽く踏んで爽やかに決めておりました(笑)

 カテコの祐さん。超爽やか笑顔全開でステキすぎる…(*^^*)あの笑顔で最後終われるのが最高の幸せだと思う(笑)