ブログパーツ

無料ブログはココログ

カウント

旅行・地域

2017年8月28日 (月)

8/26~27いとこに会う旅

8/26~27いとこに会う旅
 土日は、南房総へ。。。

 富浦にあるペンションを貸しきって、母方のいとこがいっぱい集まりました。

 無精な私なので、ずっとご無沙汰していたけれど、昔の印象とみんな変わらず…(*´ω`*)なつかしかったデス。声かけてくれて、いろいろ準備してくださって、ありがとうございました!!たのしかった!!

 そして、次の日は、館山に移動。

初めて妹の嫁ぎ先に行きました。

 妹とは仲良しだったけれど、あまりにも違う環境のところに嫁いだので、なかなか会えないのだ…。

 でも、すっかり、しっかり、その土地の人になっておった(*´ー`*)

 バラバラに暮らす家族が、束の間、一緒にお昼食べて、また、バラけて帰ってきました。

人生いろいろだ( ・_・)

2017年8月 7日 (月)

座敷わらしに会いに行く旅

 8/5~6に、お友達と青森県八戸市で八戸三社大祭の山車を観て、岩手県二戸市に行って、座敷わらしの宿「緑風荘」に泊まってきました。

 ミュージカルに侵されている私の頭の中は、「座敷わらし」=「ユタと不思議な仲間たち」なんで、旅中、頭の中で「わーだーわーだーあげろじゃががいーーー♪」と何度歌ったことか…(笑)

 ま。とにかくユタのお話しの基になった場所だし、間違いはないだろうけど(笑)

 いつもはほぼ、東海道新幹線区内しか移動しない輩なので(^◇^;)、何もかもが新鮮で、楽しかったデス!

 八戸三社大祭も、いつもなら、終わっているけれど、今年のみ、ユネスコ無形文化財登録記念とかで、山車が一堂に市役所広場に集まるという日で、豪華絢爛な飾りを楽しみました!ビール飲みながらねっ!(≧∇≦)bウマー

 旅館では、わらしくんには会えなかったけれど(…というか夜一人で座敷わらしが出る事の多いと言われているお部屋に行く勇気がなかった・笑・みんな寝ちゃうんだもん…。)、友達のカメラにはちゃんとオーブが写っていました。

 でも…。

 私、夜、クーラーに一番近い場所で寝ていたんだけれど、夜中に熱くて(暑くて!?)たまらなくなって、布団はだけて寝てたよ~と次の日、友達に話したら、友達たちは、そんなことなかったらしく…??

 確かに、クーラーはガンガンつけてたんだよね…。

…で、きっと、座敷わらしくんが近くに居たのかもね~という話になりました。

後から体験談とか観ていたら、そういう体験されてる人がいるのをしって、おおっ!と思った次第です(^-^;いやはや。。。

 疎くてすいません。。。

 でも、お宿の方が、みなさんとても優しくて、ご飯もおいしくて、部屋も綺麗で、布団も気持ちよくて、温泉でツルツルお肌になって、お値段もお手頃で、私たちの要望に親切に答えてくれて、ホントによい気持ちで過ごせて、ソレが感謝の気持ちにつながる、よいお宿だなぁ…と思いました。

 遠いけれど、また、行きたいと思える旅館でした!!!

 だから、きっと、座敷わらしくんがいるのかな??と思いましたもん。

 ステキな思い出になりそうです!!!

座敷わらしに会いに行く旅
座敷わらしに会いに行く旅

 一緒に旅した友よ!いろいろありがとー。また遊ぼーね!

2014年9月21日 (日)

国宝犬山城

 今日は観劇予定がなかったけれど、昨日は名古屋に泊まってホテルライフを満喫したので、本日は観光。

 歴史散策にはもってこいの天気。というか暑すぎる天気に戻ってしまいましたが、気持ちよく行ってきました。
 歴史は好きだけど、お城にはそんなに詳しくないので、対した思い入れがあるわけじゃないんだけどね。
 天守閣に登って木曽川対岸の美濃の国を覗いてきたよ。  
 お城の石落としの間から下を観ていたらたぬき発見!かわいかった。丁度その時見ていたのは私だけしかいなかったから、一人心の中で喜びました(笑)
 川岸の草村というか断崖に住んでいるのかな?

 城下町で食べ歩きもできるので、よい散策ができました。歩くの好きな人には気楽でよい場所だったな。 
 

2014年4月 6日 (日)

愛されてるなぁ

 今日の土方歳三氏を感じる旅で、感じたこと…。

歳三さん、愛されてたんだなぁ。

京にいたのはたったの数年間だもんね。多摩で育った歳三さんはさぞかし可愛いかったのだろう(笑)

歳三さん愛用のものを薩長主の大変な時代の中、大事にとってあって、必死に新撰組の部下も地元に歳三さんの消息を知らせにきて…。

人に愛されてなきゃ、こうは現在まで物や逸話が残らないよね。

ま、歳三さん自体もちゃんと残そうとした人でもあるけど(・ω・)

あと佐藤彦五郎さんがとても立派でお金持ちだったこともあるかな(゜∀゜)b

昭和の鞍馬天狗時代まで世間的にはずーっと悪役だったのに、地元の人たちや、ご子孫は大事に大事に語り継いできたんだなぁ…と。

だからこその今なんだろうなぁ。と。

新撰組の行く末は悲しい結末だけども、そう思うと、なんだか気持ちが暖かくなりました。

土方歳三を感じに行く

今日は、いつものように新幹線に乗ったんだけど、観劇ではなく、土方歳三氏の生誕の地を歩くぞ!という目的での出発です。

イデタチもスニーカーにジーンズにリュックだよ(笑)歩く気満々(・∀・)

新幹線車中では新撰組の小説を読みつつ気持ちを盛り上げ、いざ、目的地へ。最高の休日なり。

新撰組オタクになってからかなりの年季が入っているので、前に歩いたのが20年前くらい。その前に土方歳三の法要にも参加したことあったりする…。

いやぁ、月日は流れてるねσ(^_^;ドコソコ立派な資料館になっちゃって(●´ω`●)

今回のメインの目的は土方氏の愛刀を拝んでくること。私の記憶が確かなら、ホンモノとは私の人生で二度目のご対面なり(>.<)

思い入れ強いので、刀観てるだけでドキドキするのだ。見れば見るほど土方氏らしい刀なのだ。うん。

そいでもって、第二の目的は歩くことだったので、土方氏の生家から佐藤彦五郎サンとこまでひた歩き(^-^;)雲行き怪しい中、歳三さんも毎日歩いたはずだ。と、思いを馳せる(笑)

昔は蕎麦屋さんだったので門だけみて入らなかった日野宿本陣の中も今日はちゃんと見た。思いを馳せるにはありあまるシチュエーションでした。我ながら自分の妄想力に脱帽(笑)

佐藤彦五郎資料館にはなぜか松本零士氏の写真が(^-^;)
 
松本氏が新撰組好きなのは感じていたけど(笑)、短銃の鑑定の縁で写真を撮ったらしい…ことをお聞きしました。へーへー。そういえば…戦士の銃ってレトロだよね(笑)

うにゃ。そんなこんなで、そこら辺を散策して、大好きなものに浸りきった大満足の1日でした。

 

2013年5月 5日 (日)

富士芝桜まつり

富士芝桜まつり
甥っ子姪っ子たちに便乗して行ってきました。

キレイだったけれど、富士山が雲に隠れていてベストショットが撮れなかったのは残念です。

その後は本栖湖でボート乗って、ほうとう食べて、富士ミルクランドでジェラート食べて…久しぶりに近場のスポットの王道を楽しみました。混んでいて渋滞にはまるのは参るけど、覚悟していったところもあるからしょうがないか(+_;)

甥っ子姪っ子たちと遊べて楽しかったよー。

2012年5月 4日 (金)

鎌倉行ってきたよ

鎌倉行ってきたよ
今日は姉家族に便乗して鎌倉に行ってきました。鎌倉に来たことのない甥っ子姪っ子もいるので今日はメジャー所巡り。

鎌倉は春に母と歩いたのが最後の思い出。ありゃ?もう4年も経つらしい…。

今日は鎌倉駅→鶴岡八幡宮→源頼朝の墓→建長寺→明月院→円覚寺→北鎌倉駅→鎌倉駅から江ノ電に乗る→長谷駅→鎌倉の大仏→歩いて鎌倉駅

というルート。計画性がないので無駄な動きをしちゃったところも…。ちょうど雨が降り出したところで江ノ電がめちゃくちゃ混んでいて入場制限されていて雨の中待たされ大変でした。でも、その後はまた止んだので、雨に濡れたのはその時だけです。

今回は明月院がイチバンよかったなぁ。他はゴールデンウィークでどこも混み合いお祭り騒ぎだもん(笑)。

お花は咲いていないけれど、新緑と雨前のシットリ感がとても心地よくマッタリと過ごすことができました。

夜は頑張って中華街まで行って中華を食べました。いつもは1~2人でご飯を食べているので、姉家族と円卓でワイワイ料理を食べるのは楽しかったです。

 よい休みの思い出になりました。