ブログパーツ

無料ブログはココログ

カウント

心と体

2018年2月19日 (月)

あと一週間

 祐さんの歌声が聴けるまで、あと一週間になりました o(*^▽^*)o

12月から、、、、、まったく、なんだか、長く感じたわ…。ほんと…。

 今日は、あまりにも切望しているのか、祐さんが夢に出てきたし…(笑)

 夢の中で、私、ダンナと一緒に祐一郎さんの出待ちしてましたョ(^^;;アリエナイ…。

 そしたら、祐さんは、私を抜かして、先にダンナとしゃべってました。それから、私の名前を呼んでくれて「○○さん、旦那さんときてくれたんだぁ~」って話してくれて、私の名前をちゃんと覚えてくれてたんだっ!っとめっちゃうれしく思った…という恥ずかしい夢ですが、うれしい夢でした(笑)

 脳ミソ末期症状です。許してください…(;´▽`A``

 あと一週間。すごくすごく楽しみにしているんだけども、はじまっちゃたら、あっという間なのかなぁ?

2017年10月31日 (火)

ハッピーハロウィン!

 今日はおこちゃまたちはハロウィンごっこで盛り上がりました。。。。。カワエかった。

 こんな日は、クロロック伯爵に会いたくなりますね。。。。。。今日はポスターのビジュアル眺めながらうっとりクロロック様を拝みまする…。

 おこちゃまたちとは盛り上がった日でしたが、結局、今日も残業だったし、月末仕事に追われた一日でした(^^;;、

 

しかーし、今日の朝はなんだか幸せに迎えることができましたよ!

 何故ならば、祐さんが夢に出てきたから(笑)

 

  昨日、祐便りも読んだし、DVDのイムホテップさん繰り返し観たりしてから寝た効果だと思うけれど…(笑)あはは。

 夢の中の祐さんは、「先生」でした(笑)

 現代の先生ね。ちゃんと素の祐さんだった(笑)私はどうやら生徒らしかった。早退することを先生に伝えなければならないんだけれど、どうやって伝えようかな…となぜか悶々と悩んでいて、祐さん先生が来たら、「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」となって、ドキドキしてた(笑)先生に片思いする生徒みたいな内容だったよ。

 その幸せなドキドキ感が朝起きても残っていて、なぜか幸せだったワ(笑)

 しょーもなー。

 しかし、そのせいか、今日は、とても眠いなぁ…。

 ででで。もひとつ。全然話は変わるけれど、私にとっては大きなニュースが!

11月10日22:00から、NHK SONGSで玉置さんと陽水さんのコラボが時を経て観られるらしいっ!これは、ファンならば大きなニュースですぞ。。おおう。楽しみだ。

 明日から11月。

  …早いなぁ~。

 

2017年1月 3日 (火)

夢日記

 ほえぇー。

 今日は超久しぶりに、夢に祐一郎さんが出てきたので、自分のために記しておく。

夢日記。自分の記録を見返してみると祐さんご出演はほんとーに久しぶりだ(笑)くだらないけれど、書いておくと面白いから、書いておこう。

 なんか知らないけれど、私、祐さんに連れられて、ある公演のゲネプロを見に来たらしい。祐さん運転の車に、私は助手席に乗ってた。おおスゲー(夢ってステキ・笑)

で。その公演はキレイな金髪の白人のお姉さま方がたくさんご出演されていて、白が基調の舞台でとてもステキでした。

 でも、途中で祐さんはいなくなっていて、どこにいったのかなぁ?って思いながら観ていたんだ。とりあえず、そのステキな舞台は見終わり。。。。

 その舞台の演出上、周りに川みたいのが作られていて、水が流れていたんだけれど、その川から、なぜかブワッとあおむけに祐さんが浮かんできたという…(笑)

 しかも、手には、カエルをくわえたままグルグル渦巻いているヘビを持って浮かんできた…。(夢って…わけわからん・笑)

 祐さんが言うことにゃ(笑)、ヘビがいたので退治してくれようとしていたらしいんだ。で、私を驚かそうとして、見せびらかしに来た様子。

 けれど、私、ヘビもカエルも大好きなのだ。(コレは事実・笑)

 で。何も驚きもしない私と、しょうがないから、祐さん、その建物の側にある川まで、ヘビとカエルを逃がしにいきました(笑)建物の周りは枯草いっぱいの広場だったよ。

 で、「スタッフがこの辺にゴミ箱あるって言ってたよな」と(なぜ、夢でゴミ箱探すのか、わけわからん^^;;)と祐さんが言うので、探しに行っているうちに祐さんとはぐれて、先に祐さんが、フェンス内の敷地に戻ろうとする「カチャッ」と門を開ける音が聞こえたので、そっちに急いで戻ると、祐さんがスマホ出してきて、私の写真を撮ってくれようとしてた。

 「○○○にして立って。」

って、祐さんが言うんだけれど、

何回聞き直しても「○○○」の部分が聞き取れず、

「はぁ???」ってなっているところで、目が覚めました(笑)

 まったく、なんのこっちゃな夢だったけれど、ダンナくらいの近い扱いで祐さんがご出演してくれて(笑)こちそうさまでした。

2016年3月11日 (金)

夢のはなし

今日は、超ひさしぶりに、祐一郎さんがらみの夢をみた。

…といっても、祐さんのイリマチをしているというシチュエーションだったけれども…。

そして、肝心の祐さんには会えないうちに目が覚めちまった…┐(´-`)┌

ちぇ。

夢でもいいから、祐さんに会いたかったよー(笑)

でも、その状態のワクワク感だけは味わうことができた。

あぁ、こんな、くだらないこと書いているけれど、もう11日だ…( ´_ゝ`)

へろへろ必死に働いているうちに、月日は流れる…

あの日を知らないおこちゃまたちと、今戯れてるんだナ…

2015年4月26日 (日)

夢日記

今日は夢に祐さんが出てきた。とっても稀なので、そういうときは記念に書いておくのだ(笑)

  …どうもどこかのホテルの広間みたいなところで公演をしたらしく、公演を終えてバラシに入っているところに私もなぜかいて…。なぜかその部屋には併設のバーがあって、そこで、私がくつろいでいたら、祐さんもきて、「なんだか飲みたくなっちゃった…」って言うから、「いいよいいよ。飲んじゃいな。」とか、私、タメグチで勧めてて(^^;;…

祐さん、バラシのお仕事している人の目を気にしながらも、ウイスキー入ったグラスをもって私のそばにやってきてくつろいでたぞ…(笑)

  うっひょー。なんといい夢をみたんでしょう

目が覚めて、祐さんとお酒(しかもウイスキー)って、ちょっと夢でしか味わえないシチュエーションだな…と思いつつ、幸せな気分になりました。ははは。

2014年12月13日 (土)

夢日記

今日観た夢が面白かったから記しておく……。

高速バスに乗って東京あたりに行こうとしているらしい私(どこに行こうとしていたかは定かではない。)

スペシャルシート(赤色だったよ)で寝っ転がれる感じのシートだったので、喜んで寝転んでいたんだけれど、

気づいたら、周りの乗客が変わっており、そこは見たことのない景色。海辺の町。

岩手っていうこと(に夢の中ではなってた)に気づいてビックリ!

この先、泊まれるような土地がないことを運転手さんに聴いたので、ここで降りることに。

港、波、街のイベントで寒い中ギターを弾いている女の人一人。さびれてる感がハンパない感じの町。

追加のバス料金がなんと22万円だった。

カードが使えず、持ち合わせがないってことで、ローンを借りることに…。

ローンの会社の名前が「あゆむ」

さびれた町の「あゆむ」に入るところで目が覚めたョ。

さて、この夢の意味は何だろう?と姉と雑談していたら、姉は一言…。

「ボーナスを大事に使えよってことじゃない?」

…なるほど…ぉ。ヘンテコな夢だったけれど、なかなかにビジュアルはしっかりしていたなぁ。

2014年2月11日 (火)

夢話

夢の話。くだらないけど、覚えている夢は自分のために記すことにしているので、あしからず。。。

帝劇(らしき場所)に向かって地下をひたすら歩く私。だんだんとお客さんも少なくなって気づくと私一人だけ。

  (こりゃ、もうすぐ開演時間だぞ!急がなくっちゃ!)と思いながらも、見慣れたエレベーターの扉があるのに、それを利用せずに横目で見ながら、超長い真っ直ぐに伸びるエスカレーターをただただ必死に駆け上がる私…(@@;;

(やばいぞやばいぞ。『ジャジャーン♪』が始まっちゃうとバルジャンの独白、聴けないぞ。)などと頭でグルグル必死に考えながら駆け上がり続ける私…(笑・どうやらレ・ミゼラブルを観る予定らしい。しかも昔、実際に遅刻して入場制限されて聞き逃した経験…)を夢で再現している私…(ーー;;

やっと地獄の薄暗いエスカレーターを上りつめてもぎりのお姉さんのところについたと思ったら…

    目覚ましなりました…。。。。((((( ´Д‵)

朝の目覚めですでに疲れたーーーぁ

   夢でぐらい、祐さんバルジャンに会わせてくれたまえ…ョ。

   あー。くだらない。 おしまい。

2013年5月25日 (土)

夢話

 今日は久しぶりに祐さんが夢に出てきました。

 とあるお稽古場のミーティングみたいなものにたまたま居合わせたんだけど、そこのおエライ人たちと顔を合わせるのはどうにも気まずいらしく、トホホホなんかぼやきながら私の横で隠れていました…。何じゃ?その夢。

 

 とにかく…、祐さんと近しい間柄の夢だったので、幸せだったけども…

 くだらないけど、祐さんの夢みたときは記念に書いておくのだ(笑)

2013年2月23日 (土)

夢話

 今日は久しぶりに夢に祐さんが登場したので記念に書き記しておきます。

でも、夢の中の祐さんは一言もしゃべりませんでした。

 ファンイベントだったんだけど、ただひたすらに、笑顔でカバンをファンにプレゼントし続けていました…(^^;;

 カバンが夢にでてきた理由はわかっているの…。

 昨日のミュージックステーションでAKB48がみんなでカバン背負って歌っているのがヘンテコリンでおもしろいなとか、見えそうで見えないあのスカート丈がタマランのだろうなぁとか思っておばちゃん食い入るように観ていたから〈笑)

 

 夢でぐらい祐さんしゃべってほしかったョ…_| ̄|○

2012年9月 9日 (日)

夢日記。

 他人から見たら夢の話ほどどうでもいいことはないんだろうけど、祐さんの夢はなかなか見ないので、見たときは、自分のために前から書きとめているから、今日も書きます… あきれないでね。

 ホントにひっさびさのご登場だったんだぞ(笑)

  新しいビルの5階位のところで、祐さんのイリマチをする私。でも、待っている人は私を含めて5人だけなんだよ。で、誰がどの順番で立つか相談して、私は入り口から3番目になったよ。

 そうこうしているうちに、祐さんが来るのが、ビルの窓から下を覗くと見えて、近代的なエレベーターの前で待っていると、祐さんが上がってきました。

 5人なので、超、親しげに両手タッチしている私たち(笑)

 で。なぜか、祐さんは、古臭いダンボールに2箱いっぱいのいろいろなどんぐり(!?)と使い終わったマッチ棒をたくさんもってきていて、そのダンボールを運ぶのをせっせと手伝う私たち…。

 運びながら、祐さんと一緒に歩いていると、祐さんが私の名前を呼んで、「これからの参考にしたいから、いろいろ率直な意見をいってほしい。」みたいな内容なことを直接きいてきました(笑)。

 私は、祐さんがわざわざ私だけに呼びかけて話しかけてくれたので、すっごくうれしかったんだ!

 そこで、うれしすぎて目が覚めてしまったんだけど、夢の中の祐さんは本物と違ってちょっと肌が浅黒かった(笑)

 なんだろーーーこの夢???

 ほんと、夢ってヘンテコだな…。ま。夢でも浅黒祐さんでも、うれしい思いをして幸せです…ということに…(;´▽`A``

 

より以前の記事一覧