ブログパーツ

無料ブログはココログ

カウント

« 一ヶ月ぶりの観劇 | トップページ | 振替公演とかグリブラとか… »

2020年3月22日 (日)

3/22劇団チーム・ユニコン「エール!」マチネ

 消毒しっかりして、劇場内へ。

 

 久しぶりの小劇場。今さんは、小屋の大小を問わずに、いろんなお芝居に挑戦してくれるので、楽しい!!

 

 私自身は、小劇場に入ると昔貧乏生活を送って芝居かじってた妹の出演舞台を気恥ずかしい思いで観ていた記憶が蘇って、こそばゆいです…(^◇^;)小劇団の苦労とか、わかっちゃって、ツライとこもあるしね…。

 

 

 

 さて、この演目、再演らしいですが、初演は観ていないので、今回お初の観劇です。

 

 

 

 内容は震災の避難所の話。私自身は、ボランティア精神が希薄な輩なので、どう観れるかな?と、思っていたけれど、仕事柄、物凄く役場目線では観られた…(^-^;アハ。

 

 避難所という非日常の場での、小さな日常と小さないざこざが主なお話だけれど、それが実は本当に重大で、当人にとっては、重い話。でも、やっぱり滑稽で、プッと笑っちゃうお話。よくできてたな。。


 ピンクの電話の竹内都子さんが、いちいちよい感じで笑わせてくれる。家族の絆、助け合った仲間との友情。そういうのを、ひしひしと感じました。近江谷さんがエールをおくるときは、涙、涙でした。なんというか、大好きなミュージカルでも感じるけれど、人の声の圧には、思いが乗るよね。思いが乗っている言葉や歌を紡げる人が上手い役者さんなんだよな。と思う。当たり前だけど、その当たり前が難しいのも、知ってる。

 

 近江谷さんの言葉の一つ一つに想いの圧を感じました(*´ω`*)

 

 さて、今さん。今さんは、やっぱり格好いい。つなぎ着てNPO法人のボランティアやってる姿が、格好良いなんてね…ヾ(o´∀`o)ノでも、肩から腕にかけての筋骨が、ガシッとしてるのが、ホントステキなのだ…(//∇//)

 

 そして、いつもいつも観ていて思うんだけれど、やっぱり、優しさが滲み出てる…(´ー`)

 

 役とオーバーラップして、ぴったりだったな!
懺悔し過去を乗り越えて行く松本さんにエールを送りたくなったよ。

 

 

 

 

 久しぶりの観劇だし、いつものミュージカルではなく、お芝居だったけれど、私にとっては、なくてはならない非日常でした!!!

 今度また観劇するのは、一ヶ月後くらいかな??

その時には、世間はどうなっているのでしょうか?それまでは、感染に気をつけて、とにかく粛々と仕事に励むのみ。。。

 

 全く先の読めない日々ですが、演劇業界が先細ってしまいませんように…。明るい未来きてね。。。

« 一ヶ月ぶりの観劇 | トップページ | 振替公演とかグリブラとか… »

観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一ヶ月ぶりの観劇 | トップページ | 振替公演とかグリブラとか… »