ブログパーツ

無料ブログはココログ

カウント

« 神楽坂怪奇譚「棲」再再演12:30の回  | トップページ | とうとう…… »

2018年11月25日 (日)

神楽坂怪奇譚「棲」再再演20:30の回

 こっちの回も抽選で当たったので、ちょっと時間が空いちゃうけれど、ミキシンさんが泉鏡花役に代わるので、こっちも楽しみにしていました。

 空き時間の間に神楽坂探索したから、お話しに出てくる位置関係がなんとなくわかりました。それでもまだまだ時間があったので、ムンク展にも足を延ばしてきたよ。閉館間際の鑑賞でなかなかよい時間に行けたっ!!しかし、ムンクの絵も「死」をとても感じる絵の数々なので、今日は、なんだか死生観多めの一日になっちまっただよ(;´Д`A ```

で。夜の感想。

  三木眞一郎さん×折笠富美子さん

 夜に怪談話って、昼と比べて雰囲気も格別ですな…( ̄◆ ̄;)

 三木さんは、今度は泉鏡花なので、黒い和装で登場。男性同士だった12:30の回と比べて、見た目も男女(しかも良い男とべっぴんさん♪)なので、最初から雰囲気が違う(笑)。

 三木さんが語り始めると、もう、最初っから、ぜんぜーん、東地さんの鏡花とは違う鏡花がいました。東地さんの鏡花は、気っぷのよさそうなおおらかな感じだったけれど、三木さんの鏡花は神経質でまさに病気を患っている感じ。受ける印象が全く違うから、お話しも全然違って聞こえてきて、ホントに面白ーい。

 で、折笠さんは、コロコロとした女性の声で、まさに惹かれる声で鏡花をいざなうの。はぁ。ホントにぜんっぜん違うんだなぁ。

 弟弟子と兄弟子とのやりとりのときは、私の好きなミキシンさんの低音域の声聴けたぞ。でも、緊迫感ありすぎて、物語にのめり込みすぎて、いつものようにウホウホ聞けなかった(笑)

 最後!!最後2人が顔を見合わせているときが凄すぎて(語彙力なし…)、もう魂がバチバチ音を立てている感じ???

 肩に力が入りすぎていて、見終わったときに、めちゃくちゃ肩凝ってたわ…。

 あー。でも面白かった!この違いを楽しめて、2回観てよかったなと思いました!!!

 しっかし、ミキシンさん、声だけじゃなく、手もステキだった(笑)台本を持つ手がとてもSEXYでしたよん♪

 

 鳴り物として、尺八やら、抜群の音響効果もよかったです。特に夜の回は、鳴り物の横付近にいたので、突然の音とか、超ド迫力でビビった∑(゚∇゚|||)

 そういえば、出番を終えた東地さんも、一番後ろで聴いていましたよ。

« 神楽坂怪奇譚「棲」再再演12:30の回  | トップページ | とうとう…… »

観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神楽坂怪奇譚「棲」再再演20:30の回:

« 神楽坂怪奇譚「棲」再再演12:30の回  | トップページ | とうとう…… »