ブログパーツ

無料ブログはココログ

カウント

« リストルさん | トップページ | 神楽坂怪奇譚「棲」再再演20:30の回 »

2018年11月25日 (日)

神楽坂怪奇譚「棲」再再演12:30の回 

神楽坂行って観てきました。
 東地宏樹さん×三木眞一郎さん

 プレミアム席だったので、めっちゃ、お二人が近い!!!そして、女童が、開演までイタズラしてくるので、面白かったです。狭い空間だけれど、スタッフも全員和装で、雰囲気作りも凝っていてよかったです。短い時間だったけれど、見終わったとき、なんだか「凄いもの観たな……」と思う濃密さ(笑)
 チケットをとった当初の私は、濃密な空間でエエ声を聴くという安易な目的だったけれど、物語にのまれてしまいました(笑)
 
 東地さんは、本を読みながらも、表情が、もう泉鏡花なんだよね。声優さんという枠超えて役者さんだあ!と思いました。逆に、ミキシンさんは、ちょっと足を女っぽく揃えただけで、最初は淡々と女役を声だけで演じていたように思えました……。けれどもけれども、途中、女役から、弟弟子になった頃から、スゲーことに……(;゚д゚)
 声の緩急たるやものすごい!!!、時々体が小刻みに震えていて、鬼気迫る感を五感で感じることができて、恐怖におののく三木さんの声が、凄い!!!……言葉がみつかりませんが、とにかく、凄いもの観ちゃった(聴いちゃった感)なのです。しかも、これだけ息をのむ圧倒的なやりとりをしていながら、一瞬でまた、女役に戻るところが、えげつなくプロだった(笑)

 これが、一流の声優さんのなせる技なんだなぁ~。
 初めて生でミキシンさんの声を聴いたけれど、声だけで、その場の状況と心情が、ビンビン伝わってきて、迫真過ぎてびびくりまくりました(≧Д≦)

 ちなみに、ミキシンさん、白地の着物がめっちゃ似合ってました(*´∀`*)ノ

 しっかし、1時間の本を、ほぼ、噛みまちがいもなく、一気に読み続けることって、すごいよなー。「凄い」連発(笑)

« リストルさん | トップページ | 神楽坂怪奇譚「棲」再再演20:30の回 »

観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神楽坂怪奇譚「棲」再再演12:30の回 :

« リストルさん | トップページ | 神楽坂怪奇譚「棲」再再演20:30の回 »