ブログパーツ

無料ブログはココログ

カウント

« 12/3「貴婦人の訪問」マチネ | トップページ | 「貴婦人の訪問」の音楽 »

2016年12月 4日 (日)

12/3「貴婦人の訪問」ソワレ

 東京前楽。そして東京my楽(;ω;)

 後方上手寄りのセンターブロック。後方だけれども、森の場面の石(?)の目の前の位置だから、2人の密会時にオペラグラスロックオンには最適な位置(笑)

 クリエの最後に全体を見渡して見終われるのもまたいいデス。照明の効果は後列の方がより感じるし、ガスマスクして黒豹追いつめるところの臨場感も後方の方があります。

 ソワレの一幕アルフレッドは、マチネにもまして、一人、大声張り上げて逃げまくり…スゴイ勢いだったよ。とにかくすごい声で前楽っぽさを感じつつ…。クレア様はマチネの方が勢いがあった気がするけれど。。。

 でも、ソワレで特にビックリしたのは、2幕の最後の森の場面。

 祐さん、感極まっていて、いつもここのデュエットでは祐さんアルフレッドの歌声が涼風さんクレアの歌を包み込む感じで、すごく温かくて素晴らしいハモリをされるんだけれど、ソワレの祐さんは歌ってるけれど、音程ずれて平べったい声で、とにかく泣くのをこらえて必死に歌っている感じに聞こえたの…。いつもの包容力ありありの声じゃなかった。祐さん泣いているのかオペラグラスでガン見していたけれど、鼻沿いが濡れていたけれど、汗か涙かはわからず…。でも、ホント、感極まって歌声コントロールできなかった感じで、そういう祐さん自体を観るのが稀なので、すごくビックリしました。歌としては、マチネの方が断然よかったけれど、祐さんのそういう姿がホント新鮮だったよ…。だって、いつもは力配分とかペース配分とかもプロ中のプロ、職人技な方だもんね…(u_u。)今日は完全にアルフレッドが憑依しちゃったんだろか…。なんかホント稀なものを観たし聴いたのΣ(゚д゚;)

 その前の祐さんのソロはとてもすばらしかったよ。祐さんの独断場だよね…。あそこ。「山口祐一郎」という稀有な役者の存在そのものを堪能できる歌になっていて、スゴイと思う…。私の中ではショーストップするくらい拍手を送りたい衝動にかられた…んだけれど、すぐに息子と娘がきちゃうからね…(;´▽`A``

 なんかね。もうね…。祐さん、好きなの…。

 ホントにホントに、大好きなの…。

 

 死ぬほど(笑)言いたい。。。。。。

こんなに夢中にさせてくれて、どこまで好きにさせてくれるんだろ…

スゴイお人なのです…。

 そして、そんな「山口祐一郎」のすごさを改めて感じさせてくれる「貴婦人の訪問」

このミューのすごさもどう表していいのやら…。

« 12/3「貴婦人の訪問」マチネ | トップページ | 「貴婦人の訪問」の音楽 »

観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/3「貴婦人の訪問」ソワレ:

« 12/3「貴婦人の訪問」マチネ | トップページ | 「貴婦人の訪問」の音楽 »