ブログパーツ

無料ブログはココログ

カウント

« 11/19「貴婦人の訪問」マチネ e+貸切公演 | トップページ | 「勇者ヨシヒコ 第7話」 »

2016年11月20日 (日)

11/19「貴婦人の訪問」ソワレ

 日付は変わっちゃったけれど、感想を書かずには寝られないっ!ってことでソワレ感想。

ソワレは、マチネよりちょっと下がった上手端(両極端だなオイ^^;)

 上手の端だと、祐さんの背中を見ることが多くなる(笑)しかし、祐さんの背中、大好物だから、それもまた、堪能する自分…(*゚▽゚)ノ

 特に、今日は、クレアに銃を構えて立つ後ろ姿に「スキー―――――――――((w´ω`w))」となった(ヘンタイ)。シャツ姿の背中の広さと、開いた足の長いこと長いこと!!ダイスキです!!!!!!!(どヘンタイ)

 

 マチネの感想でも触れたけれど、もうね。ソワレの一幕は祐さんの声が悲痛でね。大騒ぎしてるけれど、ホントに追い詰められているのがひしひし伝わってきたよ…。

 今期のゲルハルトもマティアスもヨハネスも悪への転びっぷりが顕著なので、よけいに憎々しくなっていて、ついつい祐さんアルフレッドに肩入れして観ちゃうよね(笑)ついでに耕さんも、いつみても、よい悪っぷり(笑)

 そして、観るたびに、クレアの部屋に行ってボディガードにビビりまくるアルフレッドのくねくね度が増しているような気がする…(笑)ソワレのくねくねすごかった(≧m≦)

 ソワレのアルフレッドを観ていたら、クレアが死んだと思って、その後、偽りの人生を生きてきたアルフレッドって、みんなによい顔をしていたアルフレッドだったんだなぁって…。でも、その皮を次々にはがされて、最後に、クレアによって、クレアと出会った当時の「黒いヒョウ」のような自分に戻れたのかな…って思いました。だって。。。クラウスと2人で語る場面から以降のアルフレッドって、メチャクチャカッコよくありません????

 ソロの歌も、すばらしかったです。祐さんの歌を聴く満足感は何ものにも代えられません。低い声はビリビリと、そして高い声は真っ直ぐに、透明度のある伸びる声がタマランす。

 そして、キーヨはキーヨで、キーヨでしか味わえない深い声で審判の時の歌(正義の名において)を歌われるとタマランす。

 ほんとに耳福なミュージカルだなぁ…。

 二幕の森の場面では、クレアは泣いているし(でもちゃんと鼻すすらないのよね…すごいよね…女優さんって。)祐さんも後ろ向きのときに鼻すすって袖になすりつけるし(笑・ごめん、そう見えるんだもん)なかなかによいものを見せてもらったけれど、私のお隣さんが号泣し始めて、ズルズルずっと鼻すすり始めたもんだから、自分の感情がちょっと冷めてしまった…うわーん。周りの観劇環境も大事よね…。私の感動をかえせ。っというか、泣くなら、涼風さんみたく鼻すすらずに垂れ流して泣いてくれ!!

で。その結果、ソワレの私の最大の涙ポイントは最後の最後の涼風さんクレアの言い放つ「人殺しっ!みんな人殺しよっ!」でした。

 結局、若かりしクレアがギュレンの人々から迫害されたときと同じように、アルフレッドもギュレンの人々に追いつめられて同じような目にあう…。老いたアルフレッドの真実を知って愛に気づいたクレアは二度も、その苦しみを味わったんだなぁ…と。自分が仕返しのために種をまいたのかもしれないけれど…つくづく救われない話だな…と。。。。。。。(´Д⊂グスン

 カテコ、上手だったので、ブンブン曲に併せて手を大きく振りながら元気にハケる今さんを観れました。

 EXITが終わった後に、祐さんと涼風さんが腕組んで、ちょこちょことお辞儀にきてくれるのがうれしいし、幸せな気持ちで劇場を後にできるし、いいですよね。

 あっ。そうだ、マチネもソワレも、その時に前列の人に落ちているお金をどぞーっと取るのを勧めている祐さん(;^_^A

 観客もギュレン市民にしたいのかっ!!!

 今日もめいっぱい楽しみました。ありがとうごさいました!!!

 

« 11/19「貴婦人の訪問」マチネ e+貸切公演 | トップページ | 「勇者ヨシヒコ 第7話」 »

観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11/19「貴婦人の訪問」ソワレ:

« 11/19「貴婦人の訪問」マチネ e+貸切公演 | トップページ | 「勇者ヨシヒコ 第7話」 »