ブログパーツ

無料ブログはココログ

カウント

« 「古代ギリシャ 時空を超えた旅」 | トップページ | 「トライベッカ #4」 »

2016年7月19日 (火)

7/18「エリザベート」ソワレ

「エリザベート」ソワレ
 

夜は、一ヶ月ぶりの観劇。しかも「エリザベート」デス(#^_^#)

 祐さんがいないエリザベートは去年は城田くんを1回観て満足したので、今年はまだ観たことのない芳雄さんトートを観ようと思って、今回も1回きりの観劇なり…(`・ω・´)

なので、キャストにもこだわって蘭乃さん以外はお初な方達を選択(笑)

 
 えっと、城田くんトートだと、祐さんとアプローチが違いすぎるから、祐さんをあんまり思い浮かべなかったけれど…、

 芳雄さんだと、歌い方が確かに祐さん系なんだな…。

 でも、声は坊ちゃんの声だから(私にはそう聞こえる・笑)、なんか、心で祐一郎さんの声音を思い出し、心底、途中で変わってでてこないかなぁと願っちゃったぜ。。。

 

 ってか、黄泉の帝王の大親分は、今も祐さんトートだよね?(笑)

 

 どこかに、オペラ座の怪人のように、祐さんトートが息子のシシィの誘惑具合を見てフフンと微笑んでいる感じの妄想が、勝手に広がったよ…。イケナイイケナイ(^◇^;)

祐さんの声って、やっぱり凄いよなぁ…。と改めて感じましたデス。

ま。

それ、言い出したらキリがないので…。感想に戻ります!

 マントフェチとしましては、芳雄さんトートのマント裁きは、楽しませてもらいました(#^_^#)優雅だし、さすが、芳雄さんでございました。

 今日、とても楽しみにしていたのは、涼風さんゾフィ。
 相変わらず、細くて美しい。存在感がハンパない!
バリバリの現役感のあるゾフィ様でございました。

そして…。ソンハさんルキーニ!
最初は、芳雄さんと声質高め同士で、キンキンしてるなぁ~と思っていたけれど、悪夢からの彼の演技にのまれたっ!すご~くよかった!フランツよりも、トートよりも、ルキーニの演技に釘付けでしたわ。

 そして、トートが祐さんじゃないと、トーダンサーをじっくり見ることができて、これまた面白いのです(;^_^A

で、芳雄さんとトートダンサーさんたちの背の高さがそれ程違わないので、芳雄さんモドキがワラワラとでてきて、芳雄さんトートそこかいっ!!ってなるところが、結構面白いです(笑)
 そして、トート閣下はスケスケがお好きなのねーって見てました(笑)

コルフ島のトートダンサー(ちょっと宝塚の黒天使みたいな格好でイイね)の動き、めっちゃ面白い。アキレウスの彫刻になってるのかな?

 うひー。「エリザベート」観劇とっても楽しかったけど、やっぱり、口直しで、祐一郎さんの声聴いて寝ようと思います…。。。

 好きすぎるとやっかいだのう…。ほんと…(´・ω・`)

« 「古代ギリシャ 時空を超えた旅」 | トップページ | 「トライベッカ #4」 »

観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7/18「エリザベート」ソワレ:

« 「古代ギリシャ 時空を超えた旅」 | トップページ | 「トライベッカ #4」 »