ブログパーツ

無料ブログはココログ

カウント

« いろいろ | トップページ | 12/6「夢を売る男たち」ソワレ »

2014年12月 7日 (日)

12/6「MOZART!」マチネ e+貸切公演

芳雄さん、ソニンさん、春野さん、日浦美菜子ちゃん の回。

先週観劇したときとまったく同じキャストであることを観ながら、知ったという…(^^::

今日の猊下もたいへんうるわしゅうございました。声の圧が本日も気持ちよく、この声を聴きに通っているということを満足させてくれるコロレド様でした。モーツァルトの楽譜を下に落とすとき、とてもきれいに楽譜がクルクルと回りながら落ちていくのが印象的でそんなの眺めちゃっている自分に気づいたり…(;´▽`A``マントの翻し方もそうだけれど、小物や衣装をきれいに魅せてくれる祐さん。様式美とかよく言われるけれど、そういうものにたぶん造詣が深そうな気がする…。

で。馬車シーンでは、「ウィーンの街中が私をねたむ~♪」のあたりだったと思いますが、お手ふりしていました。どうも沿道の人に手を振っているようで、進行方向後ろに向かって(つまり上手)にお手ふり。そういえば、前の公演でもふってた時期ありましたねっ!

なんというか、もよおすときは、がまんのあまり、素っ頓狂な声が思わず出ちゃうらしいあのシーンは祐さんでなきゃ成立しないよなぁ…と思う(笑)

「神よなぜ許される」では「サルでもっ!」の叫びがとてもカッコよかったなぁ~。パパとのやりとりの場面が、本当に深くなっていて、コロレドさまの表情一つ一つが見逃せません。「さがってよい」もゆっくり低めに言ってくれるのがいい感じでした。私にとってはあのやりとりの時間は至福のひととき(笑)

やっぱり、芳雄さんのヴォルフガングは、後半、狂っていくところからが好きかなあ…。

今日は観ていて、解離性二重人格者が最期にアマデと死ぬことで、一つになれたような気がしたよ。そういう見え方だと、あの死が幸せに見える…。美菜子ちゃんアマデが最期に笑うからかなぁ???

e+の貸切公演だったので、カテコで市村さんがEの字を作ったつもりだったらしいんだけれど、Cにしか見えなくて、芳雄さんの挨拶で、もう一度、Eの人文字をしたことでわかりました。

祐さんは小走りさん…。………がんばってます。

 

モーツァルト! 今日もよい公演でした。手持ちのチケット…残り2公演…。

祐さん。大好きですわかっているだろうけれど、大好きです

コロレド様の出番が多ければ、もっとチケット増えそうだけれど、今回は、残りのチケットを大切に観ようと思います。。。。

DVD2バージョン予約してきちゃったョ。どうかコロレド様のおいしいシーンが存分に味わえますように…、

 

« いろいろ | トップページ | 12/6「夢を売る男たち」ソワレ »

観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/6「MOZART!」マチネ e+貸切公演:

« いろいろ | トップページ | 12/6「夢を売る男たち」ソワレ »