ブログパーツ

無料ブログはココログ

カウント

« うほ。クリコレ2の新ビジュアル | トップページ | 11/2 宝塚花組「エリザベート」マチネ e+貸切 »

2014年11月 1日 (土)

静岡市美術館「国宝・久能山東照宮展」

 徳川15代の将軍の鎧が集まるというので、楽しみに行ってきました。それぞれの時代の流行りとか、そのときの将軍さまの好みとかフンフン観るのが楽しみだなーという安易な期待だけで観に行ったけれど…(^-^;)

 家康公の鎧兜はシダのマーク(前立っていうのね(゚∀゚)b)ついてるもんだと思っていたけれど、実戦時にはつけていなそうだったのねー。その後の将軍がレプリカ作ってちゃんとシダマークを兜にくっつけて飾ってたのかー。へーへー。とか。

 綱吉の鎧がいちばん今の5月人形に多そうな形だなぁ~とか、家定、家茂あたり幕末になってくると青色が基調になっていて装飾が少なくダークでスタイリッシュな感じで自分の好みだわーとか、ほんと、そんな感じで展示を見ました(笑)

幕末オタクとしましては、家茂公の服や小太刀などを勝海舟が久能山に寄贈しているのがなんともいえない気持ちにさせられますわ~。お宝いっぱいもらっていて家茂公に信頼されていたのねー(;_;)

21歳でお亡くなりになっていなかったら、公武合体は成し遂げていたのかなぁ…とifの世界に思いを馳せたり、小さめの細身の服見たら、やっぱり長生きしそうもない華奢さだなぁとかおもんばかったり…。

ででで。

日本刀に惹かれる輩としましては、徳川家の守護刀、三池典太(実際は無銘なんだね)「ソハヤノツルギ」の身幅の太さにびっくりでした。あんな刀、タヌキ顔の家康にしか似合わんわー(笑)

そんなこんなでいい加減な楽しみ方だけど、やっぱり歴史を感じるのはスッゴく楽しいっ!!

今日は姉と一緒だったので、その後ごはん食べて、大道芸ワールドカップを見ました。あいにくの雨で、パフォーマンス始まる頃になると雨が強くなる、という残念な日だったけれども、頑張って4つみたよ!雨の中パフォーマンスするパフォーマーさんもほんと可哀想でしたが、技は素晴らしくて楽しかったです。

 

« うほ。クリコレ2の新ビジュアル | トップページ | 11/2 宝塚花組「エリザベート」マチネ e+貸切 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静岡市美術館「国宝・久能山東照宮展」:

« うほ。クリコレ2の新ビジュアル | トップページ | 11/2 宝塚花組「エリザベート」マチネ e+貸切 »