ブログパーツ

無料ブログはココログ

カウント

« 9/23「レディ・べス」マチネ中日劇場 | トップページ | 「るろうに剣心 伝説の最期編」 »

2014年9月24日 (水)

9/23「レディ・ベス」ソワレ中日劇場

  その日のうちに感想書きたかったけれど、諸事情で遅くなってしまいましたー。

ソワレは花總さん、加藤さん、吉沢さん、古川さんが楽。…そしてmy楽でもありました。

マチネも主役ベスが花總さんだったので、マチソワして全然違う面白さを楽しむ新鮮さは若干減ってしまっていたけれど、加藤さんロビン、吉沢さんメアリーと私が好みの方の布陣。加藤さんロビン、初っ端から持っていたリュートのストラップが切れてしまったんだけど、肩にひょいっとひも状になったストラップを何度もかけなおしながら歌っていました。ラストなのに、そういうことが起こるんだなーと面白く観ちゃった(笑)

  最後、ベスに「流れ者さんも!」と言われたときにその切れたストラップをグルグル回していじけてたのがシチュエーションにぴったりで笑いが起きていました。

吉沢さんメアリー。楽で気持ち入りすぎたのか、珍しく、歌の音程がブレたり、セリフ噛んだりいていたような…。でも、大好きな声は健在。花總さんと吉沢さんの姉妹コンビがやっぱり私は好き。

そして、そして、祐アスカム先生もすごかったよ。歌声で特記すべき箇所は、ベスの戴冠式で「夢かなえるーーーーーーーーーーーーーー♪」と歌ったとき!!ものすごく力強い声だったぁ(*^^*)ほんとにね、あぁ、これで、イギリスも安泰だと思わせる声でした(笑)感動の頂点にその声出してくれますかーって感じ!!

  祐アスカム先生、「この者たちを匿えば、反乱に荷担したとみなされるっ!」雷ガラガラピシャーン!!!の勢いといい、「そんなことあってはならないっ!!」の場面といい、物語の緩急をつけるときの勢いがね。もうねー。大好き(笑) あの息をのむ感覚って、祐さんの劇場空間支配力のすごさを堪能しているまさにその瞬間でもあるし、祐さんを何回でも観たくなる中毒の理由ではいかと思う…。

花總さんは、本編でも相変わらず泣かせてくれたけれど、カテコの挨拶がとてもステキだったー。カンパニーをねぎらう言葉がね、すっごくやさしかった。ベスだった(笑)

加藤さんのカテコ挨拶も男気あふれていて「まだやれると思うこともある」というすごく前向きで、真摯な挨拶だったなぁ~。

古川くんのもまた、面白かったよ。これからもフェリペはイケテル若手俳優がやると思いますが、初演はぼくと元基です!!って感じのあいさつ(笑・ちょー端折り)

吉沢さんが、いつもは自分の力を過信してやりとげるタイプだけど、それでもメアリーは大変だったことを涙ながらにお話ししていたけれど、最後は男前に戻ってた。やっぱり私、吉沢さん好きかもしれない(笑)

祐さんもいつものように、話す方の方を観るために完全に横向きになって聞いていらっしゃいました。そして、古川さんの爆笑挨拶に、かなめさんの方を振り返ってなんかお話していました。その雰囲気がほほえましかったな。

私の総括。

  名古屋レディ・ベスは全部で5回観た模様。東京合わせて14回観たのかぁ…。

妙な、達成感あり(^^;;)

楽は平日なので、観られなかったけれど、結構満足です。

舞台上の祐さんにまた会える日を楽しみに仕事に家事に励みます…。

« 9/23「レディ・べス」マチネ中日劇場 | トップページ | 「るろうに剣心 伝説の最期編」 »

観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9/23「レディ・ベス」ソワレ中日劇場:

« 9/23「レディ・べス」マチネ中日劇場 | トップページ | 「るろうに剣心 伝説の最期編」 »