ブログパーツ

無料ブログはココログ

カウント

« 「男なら負けると分かっていても戦わなくてはならないときがある」 | トップページ | そだそだ。玉置さんのこと »

2013年10月20日 (日)

「薄桜鬼 第一章 京都乱舞」

 今日は朝早くから仕事がらみの召集命令をこなしたので、何かお楽しみを作ろうと思って、無理やり映画観てきましたσ(^_^;

で、観たのがコレ。

時代劇好きの思春期からずっと土方歳三氏の崇拝者なので、いろいろ出る新撰組物は一応知っていて(笑)ゲームもやったしアニメも観た口です。さすがにまだ舞台は観てないけど(^_^;)

私の頭の中ではすでに土方歳三として現存する写真の人物が普通に動いてしゃべってくれるので、その妄想に勝るものはないという…(笑)

このアニメの土方さんみたらきっと本人は怒ると思う…くらい乙女チックですが、まあ、みんなカッコいいからいいよね!

 で、土方氏の生き様が本当にカッコいいのは敗走して北上してからなのですが、それは第二章という…(-.-)y-~~

でも基本のストーリーはアニメと変わらないから、このキャラに惚れきってなければ、別に映画まで観なくてもよいかもーと思っちゃった。あっ!声は相変わらずおステキです(笑)コレ聴きたいというのもあるよね(#^_^#)

最近、ハーロックにハマっているから、アニメの土方氏にもハマれるかと思ったけど…この土方さんは所詮恋愛ゲームのキャラだからなー。甘々すぎて…ヒク(*´Д`*)

男の生き様中心の話であんまり恋愛話がないほうがやっぱり私は好みです(笑)


ハーロックと土方歳三氏ってイロイロ似ていると思うけど、私の人生の中で先に出会ったのはハーロックの方だったんだ!と今気づいた(笑)


ということで、なんだかんだいってもアニメは偉大なのだな
(・∀・)b

« 「男なら負けると分かっていても戦わなくてはならないときがある」 | トップページ | そだそだ。玉置さんのこと »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「薄桜鬼 第一章 京都乱舞」:

« 「男なら負けると分かっていても戦わなくてはならないときがある」 | トップページ | そだそだ。玉置さんのこと »