ブログパーツ

無料ブログはココログ

カウント

« 蚊にさされたっ! | トップページ | 7/20「ウィーンミュージカルコンサート2」マチネ »

2013年7月16日 (火)

「夏の庭」

「夏の庭」
 昨日1日で読み終えました。

 昨年の秋から祐一郎さんの舞台のない間は読書活動をするぞーとせっせと読み進めてきたはずなのですが、年明けのショックから読書までするのが嫌になっていた私。というか、読みたいと思う本をみつけられなかったんだよね。

でも、先日、とある雑誌を見ていたら、ピースの又吉さんが紹介していたこの本に目が止まり、その足で本屋に行ったら、そこの本屋さんでも手書きのPOPでおすすめしていたので即決 読んでみたらスッゴくよかったー。ということで、ほぼ半年振りの読書感想

 小学生のときって、子供なんだけど、ちゃんと悩んでいて、そして、すっごくいろいろ感じていたんだよなーとちょっと自分の昔も思い出してしまう感じ。

 小学生の男子とおじいさんとの交流から始まる話なんだけれども、出てくる情景がモロに「夏」で、もうね…。情景がモロに懐かしいのだ。皆の心の中に必ずある情景。

 そして、子供ながらに「死」に興味をもって、そしてしっかり見つめていく主人公に感動で、最後は涙が出ました。

 やー。また、本読もう…。

« 蚊にさされたっ! | トップページ | 7/20「ウィーンミュージカルコンサート2」マチネ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「夏の庭」:

« 蚊にさされたっ! | トップページ | 7/20「ウィーンミュージカルコンサート2」マチネ »