ブログパーツ

無料ブログはココログ

カウント

« UWEさんやっぱいいなぁ | トップページ | 寒いっ »

2012年11月24日 (土)

「螺鈿迷宮」

螺鈿迷宮

今日はこれを読み終えました。

今まで読んだ海堂本の中にいつも不気味に登場してくる碧翠院桜宮病院のお話。

いやあ。ホントに不気味な話でした。特にミステリー色が強い小説でした。想像しながら読んでいるとちょっと気味悪すぎるところもあるけど、それが嫌いじゃない自分がいるよ…(^^;;

 時系列で言うと、2007年の話らしい。「ジェネラル・ルージュの凱旋」の次の話になるのかな?

 だけど、先日まで1990年~1991年のスリジエ関連の話を読んでいたので、葵の話が出てきたときはゾッとしたわ~

 だって、ついさっきまで私の頭の中では生きてたよ。あの人…Σ(゚д゚;)怖いよー。フラッシュバックのように蘇る桜宮一族の海辺の散歩風景…

順番が非常に違う読み方をするのもスリリングでいいもんですねーーーー。

 しっかし、速水センセが登場すると途端に面白くなるように、白鳥サンが出てくるとやっぱり途端に話が面白くなります。

 次は…田口&白鳥シリーズの読んでないやつを読むかなぁ…。

« UWEさんやっぱいいなぁ | トップページ | 寒いっ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「螺鈿迷宮」:

« UWEさんやっぱいいなぁ | トップページ | 寒いっ »