ブログパーツ

無料ブログはココログ

カウント

« 8/11中日「エリザベート」マチネ | トップページ | マチソワ感想つけたし »

2012年8月11日 (土)

8/11中日「エリザベート」ソワレ

ソワレ。最愛の祐さんトート

 普段、祐さん主体の観劇だと、なかなかエリザベートのマチソワというものはできないから、連続して観た違いを楽しむ最高に贅沢な観劇です(笑)

 ソワレは大野くんのブロマイドをもらえる日だったらしい。知らなかったよ(^。^;)ラッキー…なのかな?祐さんのブロマイドもらえる日は行けそうにないから、誰か、祐さんのとトレードしてくれる若者いないかなあ〜?なーんてね

 で。マチネとの違いを楽しんでの感想。

 今日ほど祐さんトートが怖いと思った日はありません。まさに化け物だなぁ〜と思ったの

 だって舞台上の存在感は言うに及ばず…。

 地響きが起きそうな重厚な声から空気を切り裂くようなつんざく声まで味わい放題なんだもん(≧∇≦*)
 上手いという薄っぺらい表現では表せない絶対的な何かが祐一郎さんの歌声には宿っているんだよねぇ…。この陶酔感はマチソワしてこそさらに味わえるのだよ。キミ(笑)

 で、今日の祐さんトートは、「愛と死の輪舞」でシシィの一目惚れ場面も控えめな表情でした。春野さんシシィの手を結構離さなかったし。だからよけいに怖い印象。

無表情でいたり、容赦なく追いつめたり(贔屓目でなく祐さんトートの方が石丸さんトートより要所要所で機敏に動いているんだけど…σ(^_^;)とにかくマジ怖いなぁと思いました。

 でも、祐さんトートって、全てを掌握している感じなのに、時折、すごく悲しそうなんだ。トート自身の感情がフッとでるのか、シシィの精神状態に同調しているのか…排他的というか…表現しにくいけれど、その得体の知れない何かが、多分、祐さんトートの最大の魅力だと思いマス。何なんでしょう?あの感覚…。

 また、今日の春野さんシシィが、どんどん孤高の人になっていく様が先ほど述べた祐一郎トートの他を寄せ付けない何かと一緒になっていくように感じて、たまらんかった。だから、最後、もう、早くトート閣下迎えにきてあげて〜と思っちゃった(^_^;)

ルドルフの棺おけの前で、トートはシシィの死の懇願を拒絶しちゃうけれど、そこで「まだ私を愛してはいない~!」なんて言ってないで受け入れてやれ〜って思ったもん(:_;)

 でもトート自身も身を切るように彼女を突き放したように感じたのダ…(;ω;)

夜のボートは禅さんと春野さんだと絶品だし…。

 なんだか、今日のソワレは芸術作品を観ている感が高かったなぁ~。

 最後に祐さんトートが春野さんシシィをガッツリ迎え入れてくれて、シシィに心の平安が訪れてほんとよかった。と思いました…。うん。

 そして、シシィを棺おけに納めた後、スッと手を伸ばしてこちらを向いた顔が、その孤高の魂をもつ2人だけの特別な愛を誇らしげにこちらに見せている表情に感じました…。

 わかりますかねぇ?言いたいこと…。

 

やぁ。やっぱりマチソワしてよかったなぁ…。

 あっ!ここは公平に正直にちゃんと書くけど〈笑)、祐さんばっかり観ていると、祐さん綺麗でウットリなんだけど、石丸さん観てから祐さんみると、やっぱり祐さんは石丸さんより年齢を重ねていらっしゃる…と思った(笑)

 感動しておいて、そういうこと書くなって?

 でもでもでも。やっぱり祐さんが…大好き~偉大なる愛しいお人です

 今日も幸せをありがとうございマス

 愛しすぎてチケット増やしちゃったよーーーーーーーーーーー

 ソワレの幕間か終演後に特設場でチケットを購入すると、クリアファイルもらえます。これで2枚になったぞ。だからどうしたとういうもんでもないけど(^^;;

« 8/11中日「エリザベート」マチネ | トップページ | マチソワ感想つけたし »

観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8/11中日「エリザベート」ソワレ:

« 8/11中日「エリザベート」マチネ | トップページ | マチソワ感想つけたし »