ブログパーツ

無料ブログはココログ

カウント

« 3/17「ウィーンミュージカルコンサート」ソワレ | トップページ |  まったり »

2012年3月18日 (日)

3/18「ウィーンミュージカルコンサート」マチネ

3/18「ウィーンミュージカルコンサート」マチネ

また買いすぎたような…名古屋名物…(^^;;

 

で。話は戻って…名古屋の3回目。

 最後の観劇は2階席からでした。

 2階からだと照明がこんなふうに当たっていたのかぁと分かったり、弦楽器やパーカッションの響きがよかったり、「おおっ!マキシムの目線がきたっ!」ってなとこもあったり(*^^*)…で、それはそれで楽しめました。

 イチバンよかったのは…

 「私が踊るとき」に祐さんの歌い方がね、シシィとケンカしているというよりは…最後の方の歌い方が…上手く表現できないんだけど…、とっても包容力のある歌い方でね…いいなぁ~!と思って聴きほれていたら、歌い終わった後、祐さんが両手を広げて一路さんを迎え入れて、抱き合っちゃっていました(≧∇≦)

 祐さんはさすがというかなんというか…抱き合っている時もしっかり一路さんのお顔を見せてくれていたので、祐さんは背中しか見えなかったけれど(^^;;)、その背中を一路さんも「ポンッポンッ!」ってな感じで手の平で叩いていて、戦友というか古き友というか…同志というか…そんな2人がよかったーー!

 コロレド様の「神よ何故」もすごくタメがあったような気がします。「まじゅ~ツーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー♪」のときの手のポーズと歌いきるあの力の入れ方が大好きだーーーーーーーーーー。

 芳雄くんとのデュエットはトート閣下にしか見えんかった。というか、階段上の中央に立ったときからトート閣下でした。

 とにかく気合入りまくりの最終日でした!

 で。

 名古屋楽ということで、プリンシパルさんたちの挨拶がありました。

 祐さんのお話は4つあって(笑)、一つめは芳雄くんが、初々しさが年々なくなるとかなんとかというお話をしたのを受けて、そのときすでにオジサンだった者はどうしたらいいんだみたいなツッコミ話(いいかげんデス・すいません)。2つめは、中日劇場で30数年間、営業?していたTさんの退職のことを話し、努力をたたえた話。3つめは、パトリックさんがグローバルに仕事をして日本にも公演しにきてくれるようにという話(2階席で、パトリックエールの練習をしたぞ・笑)。4つめは、ママは偉大な人なんだよ。と一路さんの娘さんに向かって伝えている感じの話…。

 えーーっとすごく端折りました(笑)

とにかく祐さんのお話は面白かったけれど、すべてが、日本のミュージカル界のためにつながるような話で、スッゴクいろいろミュージカルのことを考えているんだろうな…と思うような話でした。

 そんな話をする祐さんが…やっぱり愛しくて偉大で大好きだと思った次第です。。。

 ほんとは、あなたをイチバンに称えたいんですけどネ…。と強く念じていたのだけど(笑)残念ながら、あの場の他の出演者で祐さんを称えてくれるお人はいなかったわ…。

 でで。

 その後、特別にパトリックさんと芳雄くんが「闇が広がる」を歌ってくれました。歌ってくれたといっても、完璧なる祐ファンである私にとっては、祐さんの闇広の思い出に上書きしないでくれ~とも思ったけれど…(^^;;でも、大丈夫。上書きされてない(笑)私の脳ミソは別物として捉えることに成功したよ(笑)

 えっと最初は日本のようにルドルフが主旋律を歌って、繰り返しのときにはドイツ版みたいにトートが主旋律を歌っていたかな???違っていたらすいません。

 まあ、とにかく。一年間の仕事の区切りを終えて、身も心もズタボロだった私にとって、とてもステキな二日間でした。

 祐さん。ありがとーーーーーーーーーーー。大好き!!

 

 

« 3/17「ウィーンミュージカルコンサート」ソワレ | トップページ |  まったり »

観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3/18「ウィーンミュージカルコンサート」マチネ:

« 3/17「ウィーンミュージカルコンサート」ソワレ | トップページ |  まったり »