ブログパーツ

無料ブログはココログ

カウント

2019年9月22日 (日)

9/22「怪人と探偵」マチネ

20190922_184443

 お泊まりして、今日はKAAT神奈川芸術劇場へ。

 

 新作だし、本も曲もどうなのかわからないけれど、今さんが出演するし、アッキーも出てるので、観てみようかなと買ったチケット。

 

 1回しか観ないのに、超前方上手席での観劇でした。

 

 オープニングは、怪人二十面相の華麗なる盗みと明智小五郎による種明かし場面で、華々しくアクション&アクロバットありで、東京スカパラダイスオーケストラの曲が小気味よく、ワクワク度MAX状態に!!

 

 だけど、観ていくうちに、一曲長いなぁと思うところや、笑いが笑えなくて軽くスベってる場面などもあり…、なんか、見終わって勿体ないなぁと思う部分も…チラホラ。

 

 ってか、明智カズッキーが、一所懸命キメすぎていて、でも、それが、あんまりにも一所懸命な感じに見えて、私にはカッコよく見えない……ので、なんか、消化不良で終わってしまった…σ(^◇^;)そこかよ!

 

 明智探偵には、余裕のあるダンディズムがもっとほしい……という、所詮、ただの私の好みでしかありませんがね……(≧∇≦)b

 

 アッキーは、アッキーで、怪人二十面相になってマント振り乱しても、やっぱり小さいからねーーσ(^◇^;)

 

 大のマントフェチな私なのに、マントさばきでドキドキできないのは、ちょっと寂しかったです……。

 

 といった感じで、面白いところもあったけれど、助長気味なところもあり、樹里さんと今さんの使い方も勿体ないなぁとも思ったり……。見終わって、モヤモヤとするものが、残りました。

 

 そんな中で、六角さんは、私の心のオアシス(笑)

 

 欲しいところを欲しい演技でいてくれて、うれしかったデス。
 

9/21「ペテン師と詐欺師」ソワレ

20190922_094102

 新橋演舞場に行ってきました!

 

 山田孝之さんを生で観るのは、「シティ・オブ・エンジェルズ」以来、2度目。
 「勇者ヨシヒコ」大好きだったから、彼は好きな役者さん(笑)

 

 丸ちゃんは、いつみても丸ちゃんだし、コメディ似合わなそうだから、きっと丸ちゃんだろうなぁ~σ(^_^;と思いつつ、観劇。

 

でも、丸ちゃんいたおかげで、思いきりコメディだけど、歌の部分でも大満足でした!

 

 丸ちゃんやっぱり歌うまいっ!歌い出しの声の出し方が秀逸で、フワッとその歌の世界にギアチェンジするところが、気持ちヨカッタです。

 

 愛を歌う丸ちゃん観ていたら、アスペクツ・オブ・ラブを何故か思い出したんだけど、よくよく考えたら、きっと、知寿さんと一緒にでてるからだな……と思いました(笑)2人一緒に外部の舞台で観るのはなかなかないですよね??

 

 岸さん、久しぶりに観ましたが、やはり彼も(・∀・)イイ声!そして、よい感じに持ち味のボケを炸裂していて絶妙に笑わせてくれました(*´ω`*)

 

 そして、山田孝之さんは、演技上手い。シリアスからコメディまで何でもできるし、間の取り方も滑舌の良さも、元々持っている声の良さも素晴らしい。ドキッとするくらいエエ声出しますよね?(笑)それなのに、あの弟くんやっちゃうんだから……(*´ω`*)ホントよい役者さんだ!

 

 

 

 アンサンブルさんたちが、華やかに盛り上げてくれて、ザ・コメディミュージカルを楽しめました。

 

 

2019年9月16日 (月)

仙人になれるかな…

 …千葉が大変みたいで…。様子を聞いているとほんと大変そう…😖

 

 

 私はというと、3連休3日間、一歩も外に出ずに過ごしました。

食べ物も底をつくことなく過ごせたので買い物も行かなかったのだ。さすがに3日目は在庫処分な感じの食事だったけれど(笑)

 

 掃除をいつもより念入りにしたし、夏休み中に買ってそのままになっていたバランスボールをようやく箱から出して膨らめてボムボム座っていたし(笑)、たまっていた「葵徳川三代」の録画全部観たし。はぁ。時代劇楽しいな。歴史にはまっていたいなあ…。そして、楽しみにしていた玉置さんが出るテレビ番組も観たよ。ほぼ歌神様と化してる…玉置氏でした。オーケストラとの共演ももの凄く感動するけれど、やっぱり、私は、バンド率いて真ん中にいて、自由自在に音楽操る玉置さんがイチバン好きだなぁー。そっちの玉置さんが観たいなぁ…と思ったけれどねっ!今のコンサートはそうだもんねっ!

 

 そして、一歩も家出ていないけれど、欲しい服みつけてネットでポチッとしちゃった…。あくまでも自分の趣味追及服(笑)

 

 せっかく時間があるから、やらなければならない仕事もあるっちゃあるんだけれど、まだお尻に火がついていないから、今回は見送り…(^^;;いつか、火が付いたらやるだろう…。やれるだろうさ…。

 

 …3日間の仙人ライフ意外と楽しかったデス。

 

……でも、明日から、また、地獄の怒涛の仕事ライフに戻ります…。

 

 

 

2019年9月13日 (金)

誕生日おめでとう

 今日は、玉置さんの誕生日です。誕生日の当日のコンサート、参加できるのいいなあ…。

ウラヤマシ…。

 

 私はといったら、今日は仕事で、行事があって、でも人出が足りない日で、神経使って、ヘロヘロです…。ボロカスです…。

明日はとにかく「寝たい」と思います。ゴロゴロしたい。

 

 アヴちゃんが気にいって、女王蜂の曲結構聴いてマス。クセになる曲多いね…。

 

 はぁー。ツカレタビー。

2019年9月 7日 (土)

9/7「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」マチネ

 190907192531455_deco

 久しぶりに観劇!!!
場所は初めての箱。EX THEATER ROPPONGI。六本木自体も久しぶりに行ったぞ。

 

 開演前に写真O.K.ということで、よくわからんままに撮る(笑)

 

 ヘドウィグを最初に観たのは、深夜のテレビ。この間、昔のブログ覗いていたら、ちゃんとその時のことも書いてあったよ(笑)

 

 たまたま映画をやっていて、当時、その内容にとてもひかれたんだよね。

 

 で。舞台でやるからと観たのは、2007年の山本耕史くんと中村中さんのやつ。場所は新宿FACEだった。パイプイスでねー。ヘッドバンギングしたくなるくらいの曲なのに、客層がライブハウスに似合わない層で、みんな一切立たなくてもどかしくてお尻がしんどかった思い出が……(笑)

 

 耕史くんヘドウィグは、体格よすぎてかなり化け物的容姿だったんだけど(笑)、その反動で、最後カタワレになってトミーみたいにおでこに十字架書いてパンツ一丁で歌う姿がとてもとても印象的で綺麗でねー、一糸まとわぬ(いや、パンツははいてるけど・笑)心をさらけ出しているのが、めちゃくちゃ泣けた思い出があるの。。。
    過去の感想→https://yaplog.jp/ccf43670/archive/2607

 

 

 で。今日は浦井健治さんヘドウィグ。健ちゃんのヘドウィグスタイルは、意外と(失礼)可愛かった(笑)

 

 バンドの人たちもちゃんと演じていて、このミューの一員になっていて、そこは、とてもよかった!

 

 そして、曲が、ホントいいのよねーーーε=ε=(ノ≧∇≦)ノノリノリ ギターカコエエ

 

 健ちゃんの声質はバンドに埋もれがちなので、歌になると歌詞聴き取りにくいけど、でも、いつもの健ちゃんの歌よりも、今日の歌い方の方が好きかな(≧∇≦)b

 

 最初にアヴちゃんが、「立って(・∀・)イイ」って前説してたし(笑)、お客さんも普通に立ってたから、私も気兼ねなくノレる曲は立ったし、ヒューヒュー言えた。今日はストレスフリーだったよ(笑)

 

 なんというか……、ヘドウィグの中の人が時々出てくるヘドウィグだったなー。という感想デス。健ちゃんの可愛いが勝っちゃってるっていうか……σ(^◇^;)

 

 もしかすると、観ている私が年を取り過ぎちゃったのかもしれない……というのもあるな……(´・_・`)

 

モヤモヤした、言葉に出来ない鬱屈した思いは、若いときこそあるからな……。

 

 あんなに憧れたアメリカにやっとの事で出たのに、ベルリンの壁は崩壊。男でも女でもない自分。自分のカタワレと信じた者たちが、次々と去っていく現実。自分は何者なのか……。本当のカタワレとは…愛とは…。

 

 うーん。。。。

 

映画見直してみよっかなぁ……。

 

 

 

 アヴちゃんを初めて観たのですが、スゴく目をひく存在。歌えばいろんな声持ってるし、演奏に負けない声質。とっても細くてプロポーション抜群だし、ドラァグクイーンの格好になると、めちゃくちゃ可愛い!なに、あの可愛さ!とてもステキでした!

2019年9月 5日 (木)

「笑う男」のCD

20190905_010205

 CD受け取りましたよー。

 

 舞台を繰り返し観た身にとっては、ハイライトだから、省略された部分が多くて残念だけれど、ウルシュスに関しては、セリフも結構含まれるので、感情移入して聴いてしまう……(っ´ω`c)

 

 夜中なので、イヤホンで聴いているし、新鮮だぁ!!

 

 脆い心とか、ヤバシ……(T_T)

 

 デアじゃなくて、祐さんの声が脆すぎて儚すぎて繊細すぎてたまらんわい……(´;ω;`)

2019年9月 4日 (水)

不在票……

今日(もう昨日だけど…)、他の方のツィートを見て、「笑う男」のCDが配送されているのを知りました。

 

 それまで家のポストは空だったし、全然気づかなかったんだけど、もしや?と思って新聞受けを覗いたら、我が家にもなんと不在票が入っていましたσ(^_^;

 

 CD一枚だから、メール便かと思いきや…、宅配便だったのね。。そしてクロネコさん、持って帰られてしまったのね…。

 

 ということで、せっかく予定より早く届いているのに、今日は受け取れず…。しょうがないから、今日はこんな時間までまた家仕事頑張ってこなしたので、明日は、宅配受けとれる時間に頑張って帰宅するぞっ!(帰ることを前日から宣言・笑)

 

 仕事に追われていると忘れちゃっていつの間にやら残業してるんだけど、明日は、絶対に忘れないんだからぁぁぁ(*`Д´*)

 

 ウルシュス祐さんの声、聞きたいんだからぁ~あ。

 

 

……風呂入ってネル……。

2019年9月 1日 (日)

ピンクの封筒

 毎月末のお楽しみのピンクの封筒が届きました。

 

 

 特に、今は、消息不明な時期なので、大好きな方のお便りが読めるというのは、とてもウレシイことなのです…。

 

 けなげなファンでしょ…(´・ω・`)グスッ

 

 この全人類総SNS時代に白黒の印刷文字だけで、一人の境遇をあーだこーだと憶測し、想いを馳せているのですよ…。

 

 

そっか。彼も片づけてたのね…………

 

……………………。

 

 

 

 

 

 いろんなことあるけど、大好きな彼が幸せでありますように……。

 

 

 そして、これからの9月、10月に押し寄せる仕事の山を無事乗り越えて、一刻も早く、彼を観られる幸せが訪れる11月になりますように……( ̄人 ̄)カミサマオネガイ

2019年8月29日 (木)

映画「ライオン・キング」

 今日は夏休み最後に取った有給休暇日。夏休みが終わっちまう~と思って、慌てて吹替版を観に行ってきました。

 

 
 感想は…
普通に楽しめました(笑)

 

 ライオンキングは、すでに劇団四季版が頭に刷り込まれているから、歌には違和感がアリアリでしたが…(笑)

 

 

初っ端から、「サークル・オブ・ライフ」は高らかに歌い上げてくれないと、ちょっと気合いが入らないなーと思っちゃったし…。末期のミュー脳だな。ヤバシ…(^◇^;)

 

 映像は、楽しかったデス~。子シンバかわいいし。スカーもシェンジもよかった!ティモンとプンヴァの吹き替えもよかったぁ。ふつうに二朗さんだけど(笑)

 

 あの、カラカラの大地にハゲワシが空に舞うところの再現が、うれしかった(そこかよ!)

 

 大好きなムファサが、「お前の中に生きている」を歌ってくれないぃいい…(´・ω・`)と思っていたら、エンドロールで歌自体は聴けたよ…σ(^_^;最後まで座っていてよかった。この歌イチバン好きなんだもんっ!!!

 

 

 見終わって思ったこと。。

 

 

フルCGもすごいけれど、この世界観を、ミュージカルで、劇場空間だけで表現しているのは…改めて凄いなぁ…と思いました。

 

 ほんと…カッチカチのミュー脳だわ…o(^-^)o

 

 あー。ミュージカル観たいぃいい。

2019年8月24日 (土)

Jesus Christ Superstar Live in Concert

 WOWOWで録りためていたやつをまた一本消化(笑)

 

 ジーザス・クライスト=スーパースター 大好き!な輩なので、楽しみましたが、これは。もう、お祭りの作りですね。ただ、ライブの割にテンポ感が、割とゆっくり目に感じたのは、気のせいなんだろか?もっと、ガンガン突き進んで欲しいのに、テンポキープがゆっくり目に感じた。キャスト大勢だからかな?

 

 ノーム・ルイスのカヤパ様、立ってるだけでカッコよい(笑)

 

 そして、筋肉ムキムキのブランドン・ビクター・ディクソンさんのユダ、めっちゃ歌ウマ。あの体格だからこその歌なんだろうなぁ~。彼が主役な感じでしたわ。なんか、彼観ちゃうとジーザスの存在が薄い(笑)

 

 アンナスもよかったなぁ。

 

マリアはあんまり芝居してない感じ(笑)歌の人なのかな???

 

 ややや、とにかくコンサートとして楽しく観ました。

 

 

 以前観たアリーナツアーのも、また、観たくなったなー。あれは、演出も勢いも心底楽しかったなぁ。。。。。映像手に入れようかなぁ。

«ぞくぞくとチケット確保