ブログパーツ

無料ブログはココログ

カウント

2020年3月28日 (土)

ゴロゴロ

200328222805829_deco

 雨だし、家でゴロゴロすごしたよ。キティちゃんコラボスニーカー、また、買っちゃった。

 

 自分なりに少しアレンジ。(*´ω`*)自己満足。
 7月の玉置氏の横浜ぴあアリーナMMでのコンサート…。新しい会場だし、記念公演だし、チケット発売始まったけれど、その日は祐さんの舞台と重なっていて、すでにそっちのチケットを確保済みなのだ…。
 私は、東には行かずに、西へ行く…。ちゃんと西に行けてればの話ですが…。たのむよ。少し先の未来。。。。頼むからコロナっちおさまってくれよ。

2020年3月26日 (木)

振替公演とかグリブラとか…

  3月22日の玉置さんのコンサート、中止じゃなく振り替えになったぞ!平日だけど、月末だけど、行けるなら行きたいのだけれど…。5月29日の頃は、果たして静岡から東京までの通行手形もらえるのか?💦💦💦今がこんな状態じゃぁ、未来が見えないけれど、そこを超えないと6月の祐さんママにも会えないので、希望をもって払い戻しはしないでおこう…。

 今日はちょっと早めに帰れたので、昨日オンエアしたWOWOWの「グリーン&ブラックス」の録画を観たんだけれど、アッキーが祐さんのモノマネしたり、芳雄さんが玉置さんのことを熱く語ったりしていて、私が大好きな二大巨頭の人たちの話題が出ていた。なんというか、いや、私、ソッチノ人達の方がむしろ見たいし、心から聴きたいし、心から会いたいんですけどね…ってなった(笑)

 ……いえいえ…、話題にしてくれてうれしいですケド(^^;;

2020年3月22日 (日)

3/22劇団チーム・ユニコン「エール!」マチネ

 消毒しっかりして、劇場内へ。

 

 久しぶりの小劇場。今さんは、小屋の大小を問わずに、いろんなお芝居に挑戦してくれるので、楽しい!!

 

 私自身は、小劇場に入ると昔貧乏生活を送って芝居かじってた妹の出演舞台を気恥ずかしい思いで観ていた記憶が蘇って、こそばゆいです…(^◇^;)小劇団の苦労とか、わかっちゃって、ツライとこもあるしね…。

 

 

 

 さて、この演目、再演らしいですが、初演は観ていないので、今回お初の観劇です。

 

 

 

 内容は震災の避難所の話。私自身は、ボランティア精神が希薄な輩なので、どう観れるかな?と、思っていたけれど、仕事柄、物凄く役場目線では観られた…(^-^;アハ。

 

 避難所という非日常の場での、小さな日常と小さないざこざが主なお話だけれど、それが実は本当に重大で、当人にとっては、重い話。でも、やっぱり滑稽で、プッと笑っちゃうお話。よくできてたな。。


 ピンクの電話の竹内都子さんが、いちいちよい感じで笑わせてくれる。家族の絆、助け合った仲間との友情。そういうのを、ひしひしと感じました。近江谷さんがエールをおくるときは、涙、涙でした。なんというか、大好きなミュージカルでも感じるけれど、人の声の圧には、思いが乗るよね。思いが乗っている言葉や歌を紡げる人が上手い役者さんなんだよな。と思う。当たり前だけど、その当たり前が難しいのも、知ってる。

 

 近江谷さんの言葉の一つ一つに想いの圧を感じました(*´ω`*)

 

 さて、今さん。今さんは、やっぱり格好いい。つなぎ着てNPO法人のボランティアやってる姿が、格好良いなんてね…ヾ(o´∀`o)ノでも、肩から腕にかけての筋骨が、ガシッとしてるのが、ホントステキなのだ…(//∇//)

 

 そして、いつもいつも観ていて思うんだけれど、やっぱり、優しさが滲み出てる…(´ー`)

 

 役とオーバーラップして、ぴったりだったな!
懺悔し過去を乗り越えて行く松本さんにエールを送りたくなったよ。

 

 

 

 

 久しぶりの観劇だし、いつものミュージカルではなく、お芝居だったけれど、私にとっては、なくてはならない非日常でした!!!

 今度また観劇するのは、一ヶ月後くらいかな??

その時には、世間はどうなっているのでしょうか?それまでは、感染に気をつけて、とにかく粛々と仕事に励むのみ。。。

 

 全く先の読めない日々ですが、演劇業界が先細ってしまいませんように…。明るい未来きてね。。。

一ヶ月ぶりの観劇

 覚悟を決めて行ってきました!

 

 チケット取った時も、すでにコロナウイルスのことで騒がれていたけれど、あれよあれよという間に小中学校が一斉休校となり、ライブハウスでのクラスター感染が話題になり、劇場公演が、一斉に自粛され…。という怒濤の世間の動きの中、覚悟決めて公演を続けてきた演目。やめる決断も、続ける決断も、大変な世の中になっちまったもんだ…。

 

 で。行く方も行く方で、私生活なのに、職場に行く先を報告しなければならず、地方民が娯楽で県堺越えることも悪っぽい風潮になり…。だって。もし、罹患したら、職場にどれだけの迷惑がかかるかわかってますからね…。余計にね…。

 

 現に、私も、ダンナによい顔されず…(´-ι_-`)気まずい雰囲気の中、出掛けましたよ…。

 

 

 コロナ騒ぎ前よりよっぽど清潔だし、気をつけているし、そもそも、ライブハウスと劇場の人口密度の違いも参加態勢も違うんですがね…(^◇^;)世間一般はいっしょくたなのかな??

 

 ま。とにかく屋内籠もり型のオタクが生きにくい世の中になっちまったのは間違いない…(´θ`llll)

 

 なんか、心の底から楽しめないし、こんなことで覚悟決めるのは、やはり、あんまり、したくないですね…(^o^;

 

 とりあえず、目的の観劇を果たし、夜の国際フォーラムAの玉置氏のコンサートがなくなっちゃったから、当日券で国際フォーラムCのサンセット大通りを観ようかと、チラッと考えてもみたけれど、なんだか、それも、どうかなぁ?と後ろめたい気持ちになったので、今日は一本だけ観て、そそくさとまた新幹線乗って帰ってきました。

 

 せいせいと観劇ライフが楽しめる日が早く復活しますように!!

 

 前置きが、長くなっちゃったので、感想は次にします。

2020年3月21日 (土)

スローな武士にしてくれ

 たまたまNHKを観ていた流れでたまたま観ました。BSでは、1年前にもう放送してたんですね。全く知らなかったです。ヨカッタ。今日観ることができて!!!

 

 これ、チャンバラ娯楽時代劇大好きな人のためのドラマじゃないですかっ!!!久しぶりにワクワクするような殺陣観たぞ(≧▽≦)コレだ!っての。最近、ほんと、観れなくなったよね。チャンバラ。

 

 はぁ。楽しかった。
 

2020年3月15日 (日)

休み~

 今日は、4月の公演のチケットを受け取りました。
 チケットが手元に届く時期になると、気持ちが高揚してワクワクしてくるのが、観劇オタクの常なのですが、今は、「これ、ちゃんと行けるかなぁ?」って気持ちの方が強く出ちゃうので、なんだか複雑な気持ちです。

 

 

 

…結局、3月の仕事の山場を越えたご褒美として計画していた、玉置さんのコンサートも自粛になってしまいました(´-ι_-`)しょうがないんだけれど…。やはり残念無念だ。。。。その気持ちは、玉置氏含め主催者さん側も同じなんだろうけれど。。

 

 今回のコンサートツアー、この日しかチケットを取っていなかったんだよな…。
 ま、でも、動きだしたら、必ずやなんらかの手段でチケット取って玉置氏の歌声聴く機会を作るぞっ!!!安玉に関しては、うん十年ファンしてるから、これぐらいでめげない(`・ω・´)

 

 ってか、ダンナには、「途中で玉置氏がやめる場合もあるじゃん」と言われた(笑)いや、そういう過去もあったけれどね(笑)遭遇したけれどね…アハハハ(^o^;

 

 願わくば、振替公演が実現するといいんだけれどなぁ…。いろいろ難しいんだろうなぁ。。

 

 でも、予定通りもう一つのお楽しみは遂行できそうなので、自分の体調万全にして備えようと思いマス!!!

 

 なんだか、世の中は大変な感じだけれど、私の使命は、ただ一つ。
 まずは、今週の大仕事をこなすことから。。。頑張るよ。

2020年3月 8日 (日)

慎ましい生活

 先週も今週も土日は、一歩も外に出ずに、過ごしました(´ー`)V良い子だ。

 

 …なぜならば、ほんとに何も予定がないから(笑)

 

 もともと、観劇しなけりゃ、いくらでも家にこもれる派なんだよね…σ(^◇^;)

 

 今、私が、危ぶんでいるのは、コロナウイルスのせいで、私生活にも職場が干渉するようになりつつあること…。
 休みの日の自分の居場所がわれるなんて、嫌じゃない?いや、別にやましいことはしてないけれど…(^o^;

 

 

 そして、ちょっと先の未来チケットの発売日、平常運転の私だったら、絶対チケットを取ってたと思うんだけれど、なんか、ちょっと先の未来がどうなってるか不安で、今回は見送っちゃった。ホントにホントに観たかったら取るけれど、観てみよっかな?ぐらいの軽い感覚のものは、ガマンしちゃうよね…。なんだかな…。

 

 

 ほんと、嫌な世の中になったもんだ。

 

 はよ、コロナッちめ、どっか行け!!!!

 

 

 

 

 

 

 

2020年2月29日 (土)

2月29日

 4年に一回しかない日だから書いておかないとね!

 

 しか~し、昨日は教育業界においては、てんやわんやの大騒ぎでした…。いやはやツカレタ…。

 事の発端は、27日の夕方だったけれど…。

 

 月末&年度末の仕事処理で残業していたら、仲間の一人がスマホのニュース速報みて、叫びしましたよ。。

そこらにいた職員一同驚愕😞😞😞😞😞😞


 動揺しまくって、先に帰った上司に連絡し、情報共有。とたんに仕事どころじゃなくなったよ。みんな、慌てふためき、そそくさと職場から散っていった(笑)買い出ししなきゃって思ったもん。こういうのがパニックっていうんだろうな…。


 次の日、いつもより早く職場にいってとりあえず、本日やる予定だったことの決断と、明日以降のことについての情報待機。

あまりにも突然すぎて、ほんと、面食らったわ。今日やる予定だったことができなくて、おこちゃまたち、楽しみにしてたのに、ほんとかわいそうだった。けれども、しょうがない。。。ほんと、かわいそう…。ごめんね。

 とりあえず当面の方針は決まったけれど、今後もどうなるか、ほんと、先行き不明です…。

だって、やっぱり、結局のところ…、おこちゃまたちが犠牲になってる決断だもの…。世の中よくわからん。

まじ、コロナめっ💢!!! って感じです。

 

 で、、いろいろあった夜に、ピンクの封筒を受け取りました。心のオアシス~❤❤❤❤❤
ひたすら、楽しみになることばかり書いてくれてあった(*^▽^*)

 祐さん大好きっ!!!!!!(人''▽`)ありがとう☆



先が見えなくて、不安すぎるけれど、楽しみにすることができました。

ってか、頼むよ。どうにか、コロナ騒ぎが治まって、普通に観劇を楽しめる日々が訪れますように…。

そのために、粛々と、言われるままに、おとなしく過ごしますから。

 

 たまたま、この2週間は観劇予定なかったから、私的には運がよかったのだけれど…。

観劇オタクにとって、観劇とはその日のことだけじゃくて、チケットゲットする前から、ずっとずっと楽しみにして生きているし、舞台を作り上げるためにどれだけ多くの人が関わっていて、その多くの人の汗と情熱で成り立っているっていうのも知っているから、それを断腸の思いで中止するって、どれほどのことだろうかと考えちゃいます…。

 

せめて、世の中のこの動きが、コロナウィルス封じ込めにとって意味のあることになりますように…。

 

 …私が次の生きる楽しみにしている公演は、2週間後の、ほんのちょっと先なの。どうなるのかな…???消えませんように…。ナムナム。

2020年2月23日 (日)

WOWOW 安全地帯 in甲子園球場「さよならゲーム」

 昨日オンエアだったけれど、ミュージカル観に行っていたので、今日、録画を観ました。

 

 

 いやぁ、泣いた泣いた……(T^T)メチャクソ泣けた。玉置さんたちも最後、感極まってたね。

 

 一日限りの夢のような演出だったんだなぁ……(//∇//)

 

 安全地帯の演奏とか、歌の凄さなど、を話す次元ではなくて、このコンサートを構成した人、携わった方ちの安全地帯と安全地帯作品への愛がもの凄く感じられちゃった!!!!!曲とお天気と演出が見事にマッチして、素晴らしいねー。ほんと。良い意味でけちょんけちょんにやられまくったわー(>_< )(>_< )(>_< )(>_< )(>_< )(>_< )

 

 もちろんこの映像編集したWOWOWさんの愛も凄いわ~(*´ω`*)(*´ω`*)(*´ω`*)

 

曲の奥深さを知り尽くしてないと、これ、作れないよね。

 

 昔発表された安全地帯の曲が、今なお、リアルな世界でおいても通じることばかりで、色あせてなくて、カッコよくて、ほんとに凄いバンドなんだなぁってのを感じてしまったよ。

 

 そして、田中さんの存在もちゃんと感じました。

 

 安全地帯は、彼らから発したには違いないけれど、「安全地帯」というバンドはすでにもう大勢の人の愛の集合体なんだなぁって……(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)

 

 はぁ……。凄かった。

 

 

 あの日は、祐一郎さんの舞台と重なって、苦渋の決断してコンサートには参加しなかったけれど、もし当日参加していたら、やはり一生物の思い出になっただろうなぁ……(´-`).。oO

 

 

 とにもかくにも、WOWOWさん、参加できなかったコンサートを見せて魅せてくれて、ありがとー!!!!

 

 いつも、私的に嬉しいものやってくれるから、これからも、ずっとWOWOW契約し続けますとも(笑)

 

 

2020年2月22日 (土)

2/22「DEATH NOTE THE MUSICAL」in清水マリナート ソワレ

20200222_213116

今日は、にゃんにゃんにゃんの日なので、山口祐一郎さんにもらった「ありがとう」キャンディを開封して食べました(なんのつながり?そしてなぜ今頃・笑)

 

 

 で。

 

 

  地元静岡に来てくれている「デスノート」に行ってきました(^o^;

 

 月が村井良大くん。Lが高橋颯くん。

 

 感想は…

 

 リュークがよかった!リュークがよかった!リュークがよかった!

 

 初演、再演ときて、今回のリュークがいちばんよかったよーー。

 

 とにかく存在の仕方が、一番しっくりきた。最後のシメなんかゾクゾクきた。芝居の押し引きと、声の使い分けとがさすがでした。
 そして、衣装の翻しも、いい感じなのだ。ホント死神ぴったりだったぁ!

 

 そして、コンダクター塩ちゃんが、相変わらず元気だった(笑・二番目の感想がそこかいっ!)

 

 近くの席の若いお姉さんたちが、「指揮者の人がいちばん楽しそうだねー」って、話してたのがツボですヾ(o´∀`o)ノ

 

 村井くん、高校生を熱演。なぜか、制服着るとオジサンぽく見えるのは、等身の関係かな?(^-^;
 だんだん狂気を帯びてくる感じがやっぱり(・∀・)イイね。ちゃんと、役者さん。歌声もとってもヨカッタ(*´ω`*)

 

 Lの人、最初は、いいなと思って観ていたんだけれど、あんまり伝わってくるものがなくて、Lみたいな感情のなさそうな人を演じるのも、難しいんだろうけれど、小池徹平ちゃんの時は、ちゃんとぐいぐい引き込まれていたのに、今日の人のは、ちょっと、退屈に……。歌はちゃんと歌ってるんだけれど……。ミュージカルのお芝居って、ほんと難しいですね……。

 

 そして、それは、レムにも言えて……。スッゲー歌ウマなのは、歌い出し聴いただけでわかるし、雰囲気も素敵だし、スゴイ声量の幅があって、とにかく日本人にはここまで歌える人いないと断言できるけれど、やはり、言葉で伝える部分は、どうしても弱いので、ミサミサへの思いが、あんまり伝わってこなかった。。あっけなく砂になっちゃった。。でも、とにかく歌声はもっと聴いてみたいと思いました。ほんとに桁違いで素晴らしい……。

 

 ミサミサの人もパワーのある声だったな。最初のアイドル衣装がこっぱずかしく感じたけれど(笑)

 

 で。川口さんが、思いっきり芝居ぶっ込んできていて、さすがでした(笑)目頭抑えながらの刑事さんたちのやりとり…好き。

 

 そして、キーヨ。ごめんなさい。キーヨ。最初はお腹ばかりきになっちゃったよσ(^◇^;)八神パパったら、捜査してるとき、手を腰にあててお腹ばかり突き出すんだもん(笑)

 

 息子を思う歌にはバルジャンみを感じましたわ。歌声は、相変わらず別次元です……温かいんだよね。キーヨの声(//∇//)

 

 とにかく、演奏は豪華だし、新生キャストさんでも、また、面白く観ました。でも、後味悪い演目だから、私的には、やっぱりその都度1回で、十分満足……デス。
 なんというか、栗山さんの演出だなぁ~ってのが随所にある。そこがミュヲタの好き嫌いの別れるところかな。

 

 あ。長尾の哲平ちゃんのドアップヨカッタです……(≧▽≦)

«「役者ほど素敵な商売はない」